初めて私のブログに訪れた方へ

※プロフィールは下記に記載してあります。

衣装のクオリティはコスプレのクオリティと比例する

これは私がコスプレに関わって思っていた事です。

どんなに綺麗な人がどんなに綺麗にメイクをし、ウィッグセットをしても、もし衣装が汚いと全て台無しです。

あなたがメイクもウィッグも上手く出来ているのに

自分のイメージと何処かが違うと感じているのであればそれは衣装の作りの甘さが原因ではないでしょうか?

『安いし綺麗かも』と思い購入した衣装がイメージと違って生地は薄く、縫い目もほつれそう;とガッカリした・・・なんて事はよくある話です。

『難しそう』『私にはできない』というイメージ

自分にピッタリな衣装を買うよりも安く、しかも綺麗に作ることは実は誰にでもできます。ただ、『難しそう』だとか『私にはできない』というイメージを持ってる人が多いのです。

もし、衣装を自分で作れる様になったなら今まで購入してきた衣装がいかに高く、自分が思っているよりも簡単に作られていたんだ。という事実にビックリすると思います。

自分にピッタリで綺麗な衣装を自分で完成させる事が出来たらそのキャラクターのコスプレは今までのコスプレの中で1番納得できるものになると思います。

まっさらな生地を自分の手で形にしていく。その形になった服を着て綺麗なコスプレ写真が撮れたら自分のコスプレにも自信が持てるようになり、はやく新しい衣装を作りたくなるでしょう。

他では味わえない強烈な達成感

何より自分で作った衣装には愛着が湧きます。出来上がった時の達成感も何倍も大きいです。

『あの生地を自分が服にしたんだ!』という達成感は衣装製作以外では味わえない喜びだと思います。

しかし、初めから綺麗に作れる人なんていません。私も初めは試行錯誤の日々でした。衣装製作の依頼を受ける中で作れる様になった服も沢山あります。

初めから『上手く作ろう』・『綺麗に作ろう』などとは深く考えず、初めはまず『1着完成させる』を目標に製作してみましょう!

型紙が何なのかすら分からなかった私でも今では衣装製作家として活動しています。

分からない方の為に『型紙』について少し解説すると、『服の設計図』です。手芸店やコスプレ雑誌・ソーイング系の雑誌の付録によくついている物です。

そしてほとんどの本や雑誌などに作り方の解説用紙が入っています。

陥りがちな罠・・・

そういった本には『簡単』・『初心者でも出来る』・『入門編』などと書かれているため、みんな飛びついてしまうのです。

それでも作れない・・・

そこで『衣装製作は難しい』と感じてしまうのです。

当たり前ですが・・・イラストで解説を入れただけの紙1枚を見て作れる訳がないんです。

ちょっと待ってください。

その前に前提となる知識があるんです。

子供の頃、ひらがな・カタカタを学んでから漢字に進んでいくように、衣装製作にも正しい学び方の順序があります。

ですが、私の知る限りでは正しい順序で教えている本や雑誌は皆無です。

実はその様な本や雑誌から入る前に、『採寸のしかた』と『服の構造』を学ぶ必要があります。

“自分の体型”を知ることはとても重要です。

ですが、「どこをどのように採寸するのか」を知らない人が多いのではないでしょうか?

もしかするときちんと採寸したことがないかもしれません。やり方が分からないかもしれません。

人に測られるのが恥ずかしくて今までできなかったかもしれません。

でも大丈夫です。自分一人でもきちんと採寸する方法さえ分かってしまえば自分の体型を知ることが出来ます。

次に『服の構造』についてですが、こちらも難しくないので安心して下さい。

かけ算九九を覚えるより簡単な事です。

例えば・・・服の構造がこうだとこんな型紙になる。というパターンがいくつかあるだけでそのパータンさえ覚えてしまえば型紙もすぐに理解出来ます。

そのパターンは先ほどの九九より少なく単純なものです。

服の構造さえわかってしまえば・・・

自分の体形を知り、服の構造のパターンを覚えてしまえば後は簡単です。

作りたいけどできなかった衣装の製作がすんなり出来てしまうはずです。

今まで作れずにいた最大の原因が『採寸のしかた』と『服の構造のパターン』を覚えていなかっただけだからです。

一度覚えてしまえばどんな型紙にも共通するところがあります。

あなたがもし『服の構造パターン』を理解したのなら、型紙を使っての衣装製作は以前感じていた『難しい』ものではなく驚くほど『簡単』になっているでしょう。

その頃には、色々なキャラクターの衣装製作が出来る為、どれから作ろうかと好きなキャラクターを思い浮かべる贅沢な悩みを抱える日々になっていると思います。

もし、あなたが好きな衣装を綺麗にしっかりと作れる様になりたいのであれば間違った衣装製作の順序で学んでほしくはありません。

ほとんどの人が『服の構造』を理解せずにすぐに型紙から製作に入ってしまうため衣装製作は『難しい』というイメージがついてしまうのです。

衣装製作はもっとシンプルで楽しい

衣装製作は一般的なイメージよりももっと簡単で楽しい物作りです。ここまで読んで頂いたあなたには少なからず伝わっているかと思います。

現在ブログとは別で私が毎日発信している特別講座では

自分の体形の把握 → 服の構造パターン、共通点(ココが一番重要) → 型紙

この全体の流れを誰でも順番に理解できるように解説しています。

ブログでは普段の製作過程を書いておりますが、特別講座ではブログで明かさない制作秘話や衣装製作を0から学びたい方、今の衣装製作のクオリティをより上げたい方に向けて徐々にステップアップできるよう作っております。

衣装製作で1番初めに覚えておくべき『採寸のしかた』・『服の構造』・『パターン、共通点』を学び、覚えたら『型紙』を使っていざ衣装の製作です。

分からない所があれば質問出来るようになっていますのでご質問頂ければ私が直接回答しております。

是非登録して頂ければと思います。

特別講座に参加はこちらから

 

 

 

 

 

プロフィール

kai takara :コスプレイヤー・衣装製作家

服飾の専門学校にて1年間デザイン・パターン(型紙)の引き方を学びました。

友人がコスプレをしており、「夏コミ」というイベントに参加する為の衣装製作を引き受けたのをきっかけにコスプレ衣装制作を個人で始めます。

コスプレの衣装制作で何より楽しいのはキャラクターによってデザインが複雑なものがあったり

ミシンでは作れないような創作的な部分が多い事です。

今まで100人以上の衣装を製作させて頂き、そのおかげで色々なバリエーションの型紙が引けるようになりました。

衣装制作をしていく内に自分でもコスプレをしたくなり2012年からコスプレイヤーとしての活動を開始。

イベントなどに参加すると、周りの方から『作ってほしい』『どうやって作ってるの?』・『作り方を教えてほしい!』とよく言われるようになります。

そこで服の作り方を全然知らない衣装製作初心者の方にも楽しく、簡単に衣装製作が出来るようにと

自分のブログで簡単な製作方法や基本的な縫い方などを動画で解説した記事をUPし始めます。

コスプレの衣装は見栄えも大事ですが着心地もとても大事だと思います。

サイズが合っていない衣装や、適当に作った衣装ではポージングが難しくなりがちです;

写真写りも変わってきます。(冗談ではなく本当に)

このブログでは細かい縫い方や型紙の写し取り方・製作風景などを発信しております。

ブログとは別の【特別講座】では衣装製作に必要な知識『採寸のしかた』・『服の構造パターン』の理解から詳しく解説しております。

ブログや特別講座を通して衣装製作の楽しさや自分で作り上げる達成感を味わって頂ければ幸いです。

高良 海

 

☆下記をクリックでお友達追加⇓⇓☆

友だち追加

YouTubeチャンネルはコチラ↓↓