どうもkaiです!

長々時間かかりましたが今日で完成です><

もう『何日もかけて!』って方いると思います。

すみません;

意外と進みが遅くて他の衣装製作ブログをそろそろやらねば・・・という事で今日こそ!

本当に製作完了でございます。

昨日で大き目のパーツが全部終わったので今日はお花のモチーフとスカーフの製作とボタン付けです^^

ファスナー付けはまだファスナーが届かないので帽子の製作とまとめて動画にして完全に動画のみで解説していきます!(動画UPしましたらお知らせいたします。)

では完成に向けてレッツ・ラ・まぜまぜ!!

ボタン付け

ボタンはバランスを見ながらどの位置に付けていくかご自身で決めてOKです!

参考までに私はこんな感じでボタン付けする予定です^^

ボタン付け位置

ボタンの縫い付け方に関してはこちらの動画を見て下されば簡単に出来ます^^

◆ボタン付け動画◆

ボタンの形状は違いますが縫い方は同じなので『しっかりボタン付けがしたい方』は上の動画を見てボタン付けをする事をおススメします。

ボタン付け

お花のモチーフ(ブローチ)

お花のモチーフは薄いレモンイエローのフェイクレザーと

ひまりちゃんのカフスのラインに使ったイエローのストレッチレザーを使って製作していきます。

花びらを5枚作って土台に縫い付けて、真ん中に丸を置いて出来上がり♪

 

◆レザーで立体的なお花のモチーフを作る◆

1.花びらを10枚(2枚で1つの花びら)カットします。

花びらの大きさは好きなサイズでOKです。

型紙をチャコペンで写した(2枚合わせにしてカット)
カットした花びら

 

2.カットした花びらをふちギリギリで縫って行きます。この時カクカクしない様にゆっくり縫いましょう。

カットした花びらのふちギリギリを縫ったもの

 

3.全部裏返します。目打ちで裏返すと穴が開いちゃうのでマイナスドライバーがおススメです!

裏返した花びら

4.花びらを平たくする

下にClover ハトロン紙 ロールタイプ 39-321を敷いて一緒に縫う

アタッチメントをレザー用に替えても下が金属の場合滑りが悪いのでハトロン紙を敷いて一緒に縫って行きます。

5枚全てこの様に縫って下さい。

 

5.土台と上の丸い部分をカット

型紙を引いた時の印付けをするのに使います
この定規を使います。

土台を36で上の部分は30でカットします。

 

6.土台に花びらを縫い付ける

土台に縫い付けたところ

少しづつ重ねながらずらして縫います。(上から隠してしまうので止まれば縫い方はなんでもいいです。)

※グルーガンなどで止めてもOK

 

7.上の丸(30)で縫い目を隠しながら縫う

縫ったすぐあと(表)
縫ったすぐあと(裏)

※縫う時は下にハトロン紙を敷いて一緒に縫うのでこんな感じになります。紙は破って取れるので心配ないです。

出来たお花のモチーフ

衣装に置いて大きさのバランスを見る。

ここで大きかったら小さく作り直したり試行錯誤・・・

付けてバランスを見る

 

スカーフ(ひまりちゃん)

キラキラプリキュアアラモードのパティシエ衣装はあきらさん以外同じ形ですが、

カフスのカラーやスカーフの色がキャラクターによって違いますが今回はひまりちゃんカラーでの製作になります。

他のキャラの衣装も全て製作するので他キャラのスカーフ製作はしばらくお持ちください。

◆ひまりちゃんカラーのスカーフ製作◆

ひまりちゃんのスカーフはどちらかというとリボンに近い形状なので簡単に製作できそうですね!

出来る限り原作に近い形に仕上げたいと思いますので芯張りももちろんありますよ♪

1.裁断&芯張り

スタンダードサテンのイエローを裁断して芯張りします。

サテンは裁断しにくい事を再確認しました;

大きさは26×28センチ

サテンはずれていくので裁断しにくいので芯から26×28センチでカットして貼り付けてカットすると簡単です。

使う芯

少しハリ感が欲しかったのでごく薄ではなく薄手にしました。

 

2.縫製していく

ピン止めしている所を真っ直ぐ縫う
型紙なしで製作しています
縫い目が真ん中に来るように裏返してアイロン

 

3.端を1㎝まげて袋縫い

ここを1㎝内側に折ってアイロン
袋縫い途中
完成

 

4.真ん中をなみ縫いしてギャザーの様に寄せる

ギャザーを寄せて玉止め

 

5.お花のモチーフとスカーフをグルーガンで接着して裏に100均のブローチなどに使う安全ピンを付けて完成!

グルーガンで止めて完成

後ろリボンの固定

後ろの大きなリボンですが、取り外し可能にする場合はマジックテープで止める。

固定したままの場合はグルーガン・もしくは縫い付ける(手縫い)。

私はマジックテープで取り外し可能な様にしようと考えています。

理由はリボンの形を崩したくない・エプロンのみ洗濯可能・ウエストを巻く位置が個人で違う

という3つの理由からです。

もし同じ型紙で製作してもウエストのサイズでウエストベルトの巻く位置も違ってくるので

こういった付属品は依頼されたものでもお手紙を添えて依頼者様にマジックテープで止めて頂いてます。

なので今回もその様に製作していこうと考えています。

 

エプロンの襟・ウエスト

エプロンの襟の止め、ウエストベルトの止めはマジックテープでやって行きますが、

コチラもリボンと同様サイズが人によって違うのでご自身でバランスが良いように、もしくは着心地が良いように調整して下さい。

ウエストベルトはマジックテープの範囲を大きくして止めの安定感を出すようにして下さい。

最低でも3㎝はマジックテープを貼るようにしましょう。

もし、ウエストベルトの長さが足りない場合はウエストベルトの生地を裁断する前に自身のウエストを図って長めにカットしておきましょう!

 

今回の製作のまとめ

パティシエ衣装1着目という事もあって、進みが遅くすみません。

2着目からは解説とかも無いので1日頑張れば製作できそうです!

時間が掛かったので難しく感じるかもしれませんが、実際は細かいパーツが多いだけで作業自体は簡単です。

時間が掛かるのは裁断とフリルのギャザー寄せぐらいなので・・・

ギャザーも慣れてしまえば簡単なので数をこなせば簡単に思えてくるので沢山作って見て下さい!

衣装製作を始めたばかりの方はワンピースや、袖なしの物から始めると

比較的簡単に縫う事に慣れると思いますので是非、手芸店の型紙や雑誌の付録の型紙でチャレンジしてみて下さいね!

次は型紙要らずの和装(なんちゃって着物)の製作方法を紹介したいと思います^^

長かったプリキュアアラモードのパティシエ衣装の製作にお付き合い頂きありがとうございました!

明日のブログをお楽しみに( *´艸`)

◆完成画像◆

完成!!

 

 
kaiをフォローする