神威の衣装パンツと裏地製作

どうもkaiです!

昨日から書いている銀魂神威の衣装製作・・・今日で完成ではないですね!w

チャイナボタンはまだ届かないので付けられませんが裏地とパンツだ出来ればまぁ完成と言っていいでしょう^^

では製作に入って行きます。

パンツの製作

パンツはポリエステルジャジーという素材なのでそのままミシンで縫いません。

ロックミシンというミシンで糸も変えて縫っていきます。

少し専門的な話になるのですが、4本ロックというロックミシンで要らない縫い代をカットしながら縫う事の出来るミシンです。

普通のミシンを使うのはウエストベルトのゴム止めの時ぐらいです!

この辺りの縫製の解説はロックミシンを持って居ないとしても意味がないので省きます。

※端処理に使っているミシンの糸をジャージー生地の縫える糸に替えて縫う。

裁断までは終わらせてありますので縫いから入って行きます^^

◆裁断したパンツのパーツ◆

ロックミシンと伸縮性のある糸

ニット地も縫えるロックミシン衣装製作には便利です
このミシンでパンツを縫う
糸はこんな感じ

フワフワした糸になってます。伸縮性のある糸なので伸びるジャジー生地などを縫う事が出来ます。

◆縫っていく◆

2本縫ったらアイロンをかけます

こんな感じで縫って、1本を裏返して股ぐりを合わせる。

前と後ろのパンツを脇から縫う

↑縫うとこんな感じになります。↑縫いながらカットして縫い代を5㎜にします。

股ぐりを合わせてぐるっと縫います。

股ぐりを縫う準備

パンツ部分を縫い付けたらゴムを通すステッチを入れ1.2㎝のゴムを3本通していく。

ベルト部分はロックミシンではなく糸を特殊な糸に替えて普通のミシンで縫う。

レジロン・ウーリー

上糸をレジロンという糸に、下糸をロックミシンで使ったウーリーという糸を使います。

◆ベルトにゴムを通す◆

 

ベルトを縫い付けてゴムを通す

前のベルトにはゴムを通さず、後ろのベルトのみになります。前からのシルエットを良くする為です。

また、チャイナ服を着た時に前側でゴワゴワしていると着心地も悪いので;

ゴムを3本にしたのも出来るだけゴワゴワしない様にです。

◆足首のリブ◆

足首のリブには逆に大き目の幅のゴムを1本通し、裾自体にはギャザーを寄せずにゴムだけで裾が絞れる様にしました。

通す平ゴムと通す前の裾

右がゴムを通し終えた裾。左が通す前の裾です。

パンツとリブ部分の幅が同じでゴムのみで神威のパンツの絞り感を出しています。

依頼品の神威の衣装のパンツ
完成したパンツ前

完成したパンツの前はゴムが通っておらずスッキリしています。

そして、全体的に細身のシルエットにした事で着た時にも綺麗に見え、上からチャイナ服を着た時にもあまり響きません。

完成したパンツ後ろ

後ろのゴムは細かく3本に分けた事でギャザーの様になり、着た時の余分な部分も細かく分散されます^^

ゴムを目いっぱい伸ばした時はヒップが通る大きさになるように製作します。

じゃないとおしりでつっかえてしまうのでw

◆チャイナ服の開き:コンシールファスナーを付ける◆

開きはコンシールファスナーを使います。

コンシールファスナーの綺麗な縫い付け方という動画があるので

付け方が分からない方はその動画を見て付けて下さい。

コンシールファスナーを付けて完成の神威の衣装
開きの作る

★コンシールファスナーの綺麗な縫い付け方★

仮縫い

 

本縫い

 

ファスナー付けが終わったら見える下の部分の裏地付けをやって行きます。

◆チャイナ服の裾に裏地を付ける◆

予算的な問題でもありますが、今回は総裏地ではなく下のふりの部分だけに裏地を付けます。

ここだけでも綺麗に付けていれば裏地が見えても綺麗です。何もつけないのはおススメしません;

あくまでも原作に寄せて製作します。

神威の衣装の裏地に使うキャラヌノのスタンダードサテン
使う裏地

裏地に使うのはマットサテンなので普通のサテンより光沢が抑えられているので品がある表地にぴったりです。

縫い付け

この様に表と内側にして縫って行きます。これは前も後も同じです。

ただ、後ろ裏地は開きの心配がいらないので『わ』で取り縫い目が出ない様にしましょう!

そうする事で内側から見た時も綺麗です^^

◆裏地を綺麗に縫うと・・・◆

チラッと見えても綺麗

裏地を綺麗に付けるとこんな感じになります!!

今日はここまで^^

明日チャイナボタンを付けながら全体の細かい縫い方や縫い目の解説をします!!

明日のブログ記事は完成編

今日全体図が1つもないのに気が付きましたか??

明日のブログでチャイナボタンの付け方から今までの縫い方を解説しながら完成をお見せしたいと思います。

チャイナボタンはグルーガンなどで簡単に付ける事も出来ますが、手縫いでやるとより綺麗です!

今回の製作も手間がかかる作業が多いですが、どれも欠かしてはいけない作業なのでどの衣装の製作でも大事にしたい所です( *´艸`)

この記事の続き⇒神威風コスプレ衣装を既製品より綺麗に作る!~完成編~