コスプレ衣装製作〜kai official blog〜衣装のクオリティはコスプレのクオリティと比例する 高良海

 
衣装製作特別講座

BLEACH:スンスン風衣装製作(アランカル)シルエットのこだわり

今日から製作開始。BLEACHアランカルの衣装

どうもkaiです!

今日から依頼品のBLEACHのスンスン風衣装製作に入って行きます。

スンスンの衣装は生地もですがシルエットにこだわっての製作です^^

以前の神威の衣装製作と違って今回は総裏地(変更あり)なので少しやる作業は多いですが端処理が不要なのは有難いですね!

今回は構造を一般的に売られている物とは違って原作の画像を探しまくって出来る限り再現する事にこだわりました。

残念な事に資料が少なく、構造がきちんと理解出来て居ないのが正直な所ですが、確実に他で売られている衣装より再現出来ると思います。

スンスンの衣装について

コスプレ衣装 コスプレ衣装製作 コスプレ衣装制作 コスプレイヤー コス 衣装作り方 型紙 裁ほう上手 コスプレイヤーズアーカイブ コスプレ写真 型紙の写し取り コスプレイモード Photoshop フォトショップ BLEACH スンスン アランカル

スンスン画像(依頼者様から)

コスプレ衣装 コスプレ衣装製作 コスプレ衣装制作 コスプレイヤー コス 衣装作り方 型紙 裁ほう上手 コスプレイヤーズアーカイブ コスプレ写真 型紙の写し取り コスプレイモード Photoshop フォトショップ BLEACH スンスン アランカル

BLEACHのスンスン画像(依頼者様から)

特徴は長い袖・腰のクロスの飾りベルト・首のタートルネックです。

袖のスリットをラインで囲ったりして製作したり、首の黒い部分を襟にしてしまったりしている方がいますが

私が見る限りそんな構造ではありません。

袖は表地と裏地とで区切られていますし、ラインで囲われたりしていません。

衿もきちんと見たら分かると思うのですが、中に着ているタートルネックのような部分が見えているだけで

その部分が衿と繋がっているようには見えません。明らかに別の作りです。

私がスンスンの衣装を作るとしたら・・・

私の製作するスンスンの衣装は上に書いた通りのイメージです。

そこまで作りこんでる衣装を着てスンスンのコスプレをしているレイヤーさんを見たことが無いです。

なので私が製作する衣装は原作に近く、依頼者様が綺麗にコスプレが出来るように心がけて製作していきます。

もちろん、イメージ合わせは動画で行いシルエットなども依頼者様と相談して決めて行きました。

依頼者様とのイメージ合わせ

依頼者様から依頼のご連絡を頂いたらある程度の生地やシルエットの相談、見積もりの提示をさせて頂きます。

提示させて頂いた見積もりでの製作で納得頂けたら、イメージの確認用に【打ち合わせ動画】を撮って、さらにイメージの微調整をして行きます。

この時にキャラヌノさんのサンプル帳を使って使う生地まで決めて行きます。

シルエットの確認・使う生地・細かい作り・開き・再度見積もりの確認をしてようやく生地の購入と製作を開始。

今回の製作段取り

分からない言葉が出てきてもなんとなくこんな感じで製作するのか~という雰囲気だけでも掴んで下さい^^

  1. 依頼者様の採寸を元に型紙を引くための『原型』を作る
  2. 『原型』を元に型紙を引く
  3. 一度引いた型紙を要らない布(シーチングという生成りの生地)で仮縫いをして形を見る
  4. 仮縫いで出した形を見てシルエットの修正を行う
  5. 型紙にも同じ個所の修正を入れる
  6. 本番の生地で裁断する
  7. 芯張りが必要な個所には芯張りをする
  8. 縫製
  9. 髪飾り作り

原型と聞いてもピンとこないと思いますが、「そういうのがあるんだ。」ぐらいで、ここでは衣装製作の流れを大まかに掴んで下さい^^

この方法はフルオーダーの依頼を受けた時の方法です。自分の物を作る時は仮縫いの工程は全部省きます^^

スンスンの衣装を作る時におススメの生地・作り

今回も衣装製作に使用する生地はキャラヌノさんで購入しております。

裏地が黒なので表地を薄手にしてしまうと透けてしまい台無しです。

今回は裏地が透けない様に厚手で、袖のたれ感も綺麗に出る生地を選びました。

裏地は袖口から見えた時キラッと光り、アクセントになるように薄手で光沢のあるものにしました。少ししか見えない部分ですがここを綺麗な生地で作ると衣装もよりクオリティが上がります。

衿は立ち衿で製作しますが中に着ているインナーのようなものは付け襟で製作します。

生地は伸びる素材が最適ですが、裏地とのつながりを良くするために裏地と同じ生地を使います。

腰の飾りベルトも同じ裏地の生地で作りますが、少し立体感が欲しいのでキルト芯を入れて少し厚みを出します。

開きは前でもいいのですが、もし前開きにするのであればファスナーは見えない様に隠します

アランカルの服に開きや人間味を感じさせたくないというのが理由なので後ろ開きでコンシールファスナーを使うのがいいと思うのですが・・・袖が長いのでファスナーを上げにくいと思うので前開きでファスナーを隠しての製作が今の所一番の候補です。

購入した生地の購入先

キャラヌノさんで購入した生地の種類や型番を記載しておきます(^^♪

リンクからすぐに購入ページに行けますので是非見てみて下さい!

原型って何?必要なの?

原型は型紙を引くための元です。

原型の製作は細かい採寸の元製作するので同じものはありません。

完全に依頼者様の寸法で計算して製作するので時間が掛かります。

ですが、1度これを作ってしまえばいくらでも型紙が製作可能です。

この原型を作るのはフルオーダーの依頼のみで、自分の物やセミオーダーのものに関しては原型を引く事はありません。

ある程度のサイズが分かればその衣装に近い型紙を少し改造するだけで製作可能だからです^^

次回の製作記事

 

スンスンの衣装は丈が長い為製作するのが大変ですwでもパーツ自体は簡単なので是非一緒にチャレンジして見て下さい( *´艸`)

この記事の続き⇒BLEACH:スンスン風衣装をどこよりも原作に近づけて製作する!

 
kaiのinstagram
 

     

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Q&Aインタビュー

Profile

高良 海
1991/01/29 沖縄県出身
 
高校卒業後に服飾の専門学校でデザインと服の作り方を学ぶ。
  
2011年:コスプレの存在を知る前に友人にコスプレの衣装製作をお願いされ衣装製作をはじめる。
 
2012年:【麗華さん】のコス写を見て感動。と同時にレイヤー活動も開始。
 
2013年:レイヤーとして一番活動していた時期。東京のスタジオにも足を運ぶように。
レイヤー仲間も増え衣装製作依頼が激増。
 
2014年:レイヤーの闇や人間関係で苦しくなる。製作依頼も人を選んで受けるように。。。
 
2015年:人間関係が嫌になりすぎて、完全にレイヤーを辞退。製作は信頼できる人にだけほんの少し。
 
2016年:製作も全部辞める。
 
2017年:26歳になって、人間関係は嫌だったけどコスプレ自体は『人生で一番楽しかった』と、ふと気づく。
 
ヘアメイク講師の上田美江子先生に憧れて好きな事に情熱をもっていきたいと強く思う。
 
コスプレ&衣装製作を再開。
記念にブログ開始。
 
コスプレしてて一番思ったのが衣装製作を自分でできない人が多く『もったいない』と感じていたこと。
そこで私自身が製作方法をブログ発信していくことにしました。
  
好き:猫
嫌い:ピエロ
ハマっている:ラプンツェルのグッズ集め
趣味:映画鑑賞、読書、小物作り
  
最後に:
私はコスプレを全く知らない状態で衣装製作に取り組みはじめました。
コスプレの衣装を作るのは驚くほど面白く、たくさんの衣装を製作してきましたが、これからも新しいアニメは放送されていく。その度にまた新しいキャラクターの衣装を作れると思うととてもワクワクします。
昔の私がこんなにハマるなんて全く想像できませんでした。それくらい衣装製作は面白いものです。
これからもクオリティの高い衣装を製作できるよう書いていきます。
このブログがあなたのお役に立てれば幸いです。
  
【初めて私のブログに訪れた方へ】
⇒最初に読んでほしい記事

  
【製作依頼も募集してます】
⇒製作依頼はこちらから

↓無料の特別講座はこちらから↓

衣装製作依頼はこちらから

 
 
 

初めて私のブログに訪れた方へ

初心者向けの記事

  1. 型紙を取る道具の使い方dカーブとhカーブの使い方を少しですが動画で解説します><撮り直したのでB…
  2. どうもkaiです!今回は以前記事にした保育園入園時の準備する物の製作に入って行きます!…
  3. 銀魂実写化おめでとう記念どうもkaiです!銀魂実写化とうとう公開されましたね^^…
  4. 手縫いの種類とボタン付けどうもkaiです!今日は手縫いについて少し詳しくお話しようと思い…
  5. ユニークポーチ今回は縫わずにメール型(封筒型)のポーチを作って行きます。イメージ的にはこ…

アーカイブ

Official YouTube

PAGE TOP