コスプレ衣装製作〜kai official blog〜衣装のクオリティはコスプレのクオリティと比例する 高良海

 
衣装製作特別講座

BLEACH:スンスン風衣装をどこよりも原作に近づけて製作!~裁断~

BLEACHのスンスンの衣装製作続き

どうもkaiです!

昨日の続きから製作に入って行きます。

型紙と製作に使う生地の説明は終わったので今日から裁断です!

裁断は昨日もお話したのですが、裁断しにくい生地なので裁断する時のコツなどもお話したいと思います。

スンスンの型紙長い・・・

型紙製作してる時から長いな~と思っていたのですが、完成してみると想像以上に型紙が大きくて作業台に入りきれませんでしたw

全体的に細長い型紙のスンスンの衣装

作業台に入らない

前見頃・後ろ身頃・衿・袖の型紙です。

袖のかたちが特徴的です。

型紙が長すぎて作業台に入りきれません

裏生地があるから出来る型紙かと思います^^;

袖山以外を裏地と縫い付けるんですが、本来の裏地付けとは違う方法なので採用するかはお任せします。

コスプレの衣装でしたらその方法でいいと思います。

薄い生地や柔らかい生地を裁断する時に気を付ける事

まずは全パーツ裁断します。表地⇒裏地⇒形をざっくり見てみます

白のポリエステルレーヨンの裁断

ポリエステルレーヨン厚手は生地自体、薄いものではなく一見ふつうに裁断出来そうですが、生地が柔らかいのでドレスサテンやツイルの様にザグザグ切る事が難しいです。

初心者には少し扱いにくいポリエステルレーヨン

テロテロした生地

上の写真の様に綺麗にならしても少し動かすだけでずれてしまいます。

裁断する時は出来るだけ平らな場所に置いて生地を「わ」のほうから外側に向かって手でトントンと軽く叩くながら生地を整え、型紙を配置して文鎮を置き、きっかりとピン止めしてい行きます。

裁断直前

裁断する時は生地を浮かさない様に気を付けながら裁断して下さい。

カーブ部分などの裁断しにくい箇所はハサミの先端で少しずつ丁寧に裁断しましょう^^

ハサミを入れる時

※ハサミの刃が左利きなので逆になってますので違和感があるかもしれません。

生地自体を裁断するまで動かさない様にします。裁断途中に生地の置き位置を変えたりしないで下さい。

特徴的な袖の型紙

袖は作業台に入ったので裁断しやすかったです^^

見頃は床で裁断しましたが出来れば台の上などでの裁断がおススメです。

黒のスタンダードサテンの裁断

スタンダードサテンはポリエステルレーヨンより裁断しにくいです・・・;

薄い上に、裁断中にハサミの入れどころを間違えるとピンで止めていない部分を引っ張ってしまったりして、型紙を外した時形がずれていたりします。

地直しをしないでただ型紙を配置するだけだと「わ」になっている所から飛び出たり、

逆に型紙の端にピッタリ届いていません。このまま裁断してしまうと綺麗には作れません;

サテンは特に裁断しにくい生地だと思うので出来る限り少なくではありますが、ピン打ちをしっかりしてズレるのを防ぎます。

また。薄い生地を裁断する時はオルファ(OLFA) ロータリーカッターL型 41Bというものを使うのがおススメです。生地を浮かすことなく裁断する事が出来ます^^

◆裁断での注意まとめ◆

  1. 裁断をする際は生地をあいろんで綺麗にならしてから行う
  2. 裁断する時は出来る限り平らな場所で行う(作業台や大きなテーブルがあるとおススメ)
  3. 裁断する時にズレない様にする為に出来る限り少なくですが、しっかりとピン打ちをする
  4. 生地を浮かさない様にして裁断する(手で持ち上げたりしてはいけません)
  5. 薄い生地はロータリーカッターで裁断すると浮かさず綺麗に裁断出来るのでおススメです

この項目を意識しながら裁断してみて下さい。綺麗に裁断出来ると衣装の仕上がりも綺麗です。

パーツの印入れ

裁断の時に切込みを入れる箇所があります。(合印・ノッチなど)その切込みは型紙と一緒に入れてしまいます。

それとは別にダーツなどはこの様にチャコペーパー チャコパー両面 大 青 70×28 [22] F4-8Clover S-ルレットで印を写して縫えるようにしておきます。

表地も出来る限り黄色で印を入れましょう。白地に青やピンクを使うと目立つ可能性があります。
※紹介している物は青です。

裏地も同様に印を入れておきます。

そしてパーツを全て裁断し、しるしを入れ終わったら縫製に入ります。

 

袖と衿

裁断したパーツの記事をトルソーに当ててみる

裁断してダーツなどを縫う前に一度、トルソーに当ててみて生地のたれ感や、透け感をみてみます。

その後裏地を下にしたシルエットも見て透けないか、裏地をすることで表地の印象がどう変わるかなどをみて

イメージと違う場合は生地の変更も行います。今回はイメージ通りだったので買いなおさなくて良さそうです。

裏地を付けないとこんな感じです。少し長めに設定してます。

 

袖の裏地が黒なので見頃の裏地も黒のほうが繋がりがあっていいかと思います^^

次回のブログ記事の内容

裁断が終わったので明日は縫製に入っていきますが、裏地の縫い方を細かくやって行きたいと思います。

普通は裏地付けは手縫いする箇所が出てきますが、私の方法では手縫いは不要なので簡単に製作出来るはずです。

出来る限り動画にして解説もしたいと考えていますので良かったら参考にしてみて下さい。

 

記事の続き⇒BLEACH:スンスン風衣装をどこよりも原作に近づけて製作~縫製編~

 
kaiのinstagram
 

     

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Q&Aインタビュー

Profile

高良 海
1991/01/29 沖縄県出身
 
高校卒業後に服飾の専門学校でデザインと服の作り方を学ぶ。
  
2011年:コスプレの存在を知る前に友人にコスプレの衣装製作をお願いされ衣装製作をはじめる。
 
2012年:【麗華さん】のコス写を見て感動。と同時にレイヤー活動も開始。
 
2013年:レイヤーとして一番活動していた時期。東京のスタジオにも足を運ぶように。
レイヤー仲間も増え衣装製作依頼が激増。
 
2014年:レイヤーの闇や人間関係で苦しくなる。製作依頼も人を選んで受けるように。。。
 
2015年:人間関係が嫌になりすぎて、完全にレイヤーを辞退。製作は信頼できる人にだけほんの少し。
 
2016年:製作も全部辞める。
 
2017年:26歳になって、人間関係は嫌だったけどコスプレ自体は『人生で一番楽しかった』と、ふと気づく。
 
ヘアメイク講師の上田美江子先生に憧れて好きな事に情熱をもっていきたいと強く思う。
 
コスプレ&衣装製作を再開。
記念にブログ開始。
 
コスプレしてて一番思ったのが衣装製作を自分でできない人が多く『もったいない』と感じていたこと。
そこで私自身が製作方法をブログ発信していくことにしました。
  
好き:猫
嫌い:ピエロ
ハマっている:ラプンツェルのグッズ集め
趣味:映画鑑賞、読書、小物作り
  
最後に:
私はコスプレを全く知らない状態で衣装製作に取り組みはじめました。
コスプレの衣装を作るのは驚くほど面白く、たくさんの衣装を製作してきましたが、これからも新しいアニメは放送されていく。その度にまた新しいキャラクターの衣装を作れると思うととてもワクワクします。
昔の私がこんなにハマるなんて全く想像できませんでした。それくらい衣装製作は面白いものです。
これからもクオリティの高い衣装を製作できるよう書いていきます。
このブログがあなたのお役に立てれば幸いです。
  
【初めて私のブログに訪れた方へ】
⇒最初に読んでほしい記事

  
【製作依頼も募集してます】
⇒製作依頼はこちらから

↓無料の特別講座はこちらから↓

衣装製作依頼はこちらから

 
 
 

初めて私のブログに訪れた方へ

初心者向けの記事

  1. ハロウィン前は依頼が多い!dハロ影響??どうもkaiです。この頃ハロウィンに向けての衣装…
  2. やっぱり使えるグッズ達!①KAWAGUCHI ピケ ほつれ止め 33ml 11-240ロ…
  3. どうもkaiです!今日はプリキュアアラモードのパティシエ衣装のキッズ用の型紙製作の予定でした…
  4. どうもkaiです!今回はまたまた裁縫上手で『縫わずに作る』小物の製作をしていこうと思います!…
  5. 道具箱紹介私の道具箱です。何が好きかすぐに分かってしまうw出来ればこういった道具…

アーカイブ

Official YouTube

PAGE TOP