はじめに 型紙の引き方など衣装製作について
 
コスプレのクオリティの高いレイヤーの共通点

クオリティの高いレイヤーさんの共通点:意識や私服など私が気づいた【違い】

衣装製作をしていて気が付いたこと

どうもkaiです。

今回はコスプレの衣装を製作していてふと気が付いたを書こうと思います。

私は何年かブランクがあるのですが、それでも製作のご依頼があるたびに感覚がよみがえってきて

新しい素材や使った事のない生地でも練習して縫うようにしています。

それに『コスプレ衣装制作』に関して手を抜いた事は一切ありません。

それは依頼者様との打ち合わせの動画の段階で必ず生地やシルエットの相談をさせて頂くからだと思っています。

型紙は依頼者様に合うように、縫製は出来上がりを考えて、生地もシルエットも時間を掛けて製作を行います。

なので私の衣装製作は他のフルオーダーよりは安く、既製品よりは高いです。

それでも衣装製作の依頼が来るのは依頼者様のコスプレに対する意識の問題だと思いました。

コスプレに対する意識の違い

私に衣装製作を依頼して下さるコスプレイヤーさんのアンケートで『素敵な大型併せがあるから失礼にならない様にクオリティの高い衣装を求めて』と仰っていた方がいました。

だからこそ衣装の生地やシルエットの相談に余念がなく、値下げしようとしたりしません。

製作が簡単ではない事を知っていて、自身のコスプレの意識が高いからだと思います。

でも今回注目して頂きたいのは『素敵な併せだから失礼がないように』という所です。

例えば、結婚式や彼氏とのデートでもいいのですが、オシャレする時って相手に失礼がない様に身なりを整えたり、相手にどう思われたいか考えていメイクしたり、着る服を選ぶと思います。

その感覚がコスプレにまんま移行している方がクオリティの高い衣装を求めるのだと思います。

少なくとも、そういった方の共通点は『私服にも自分なりに気を遣っている』所だと私は考えています。

日常生活で家に居る時は誰も気にしなくていいのでどんな服を着ても自分が良ければいいのです。

高校生の時に着ていた体育着でも可愛いルームウェアでも自分が好きなものを身に着けていると思います。

ただ、職場やデートや結婚式など人に会う時に身なりを気にするのは『今から会う人(行く場所)』に失礼のない様にする心があるからだと思います。

コスプレでその気持ちを考えると・・・

ではコスプレで『今から会う人(行く場所)』に失礼のない様にする心がどういった所に出て来るかを考えてみると、クオリティの高い衣装を用意したり、メイクを練習して改善したり、ダイエットをしたりなどがそこに当てはまると思います。

自分が綺麗な衣装を用意して、頑張って綺麗なコスプレをしたとします。

併せをする相手が『昨日徹夜で作ったんだよね~w』なんて言いながらボロボロの衣装を持ってきたらガッカリしませんか?

その一人の衣装やメイクの仕方で併せ自体がなんか残念になったりします;

ではなんでそう思うか、それは『自分は失礼のない様にしてきたのに・・・』と相手は自分の事を考えてくれていないのでは?と無意識に感じ取ってしまうからです。

だから自分と同じ意識や価値観を持っている人でグループが出来るのだと気が付きました。

クオリティの高い人がいいの?違います。

クオリティの高い人がコスプレをしよう!って訳ではありません。

私が言いたいのは、併せでコスプレをする時には【普段大事な人に合う時と同じ気持ちで準備する】事が大事だと言いたいのです。

その気持ちでずっとやっていれば、一緒にコスプレをしている人にも影響を与えますし、それでも相手の向上心が感じられないのであればその時は『自分と同じ価値観の人とコスプレがしたい』と思って、色々な人と活動を始めてしまえばいいのだと思います^^

何も、コスプレで1番大切なのはクオリティだとは言っていません。

一緒に活動する人に対する態度や気持ちの問題だと私は思いました。

 

楽しくコスプレを出来るのが1番ですが、その【楽しい】も人によって違います。

綺麗にコスプレをして思う写真が撮れるのが楽しいコスプレイヤーさんもいれば、

仲間内でわいわい撮影するのが楽しいコスプレイヤーさんもいます。

1人で宅コスするのが楽しいコスプレイヤーさんだって沢山います!

まとめ

ただクオリティを追求しているコスプレイヤーさんは【相手に対する気持ちや自分がどう見られたいか】という点が他の人より敏感なんだと思いました。

コスプレはクオリティが大事・・・ではなく、一緒に活動する人に対する気持ちや自分がどう思われたいかという

【人】に対する気持ちが大事なんだと衣装製作をしていて改めて感じました。

最初に読んでほしい記事

 
kaiのinstagram

 
はじめに 型紙の引き方など衣装製作について
 
体系、採寸のやり方の理解
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

体系、採寸のやり方の理解

YouTube Q&Aインタビュー

Profile



 
 
高良 海
1991/01/29 沖縄県出身
 
高校卒業後に服飾の専門学校でデザインと服の作り方を学ぶ。
 
2011年:コスプレの存在を知る前に友人にコスプレの衣装製作をお願いされ衣装製作をはじめる。
 
2012年:【麗華さん】のコス写を見て感動。と同時にレイヤー活動も開始。
 
2013年:レイヤーとして一番活動していた時期。東京のスタジオにも足を運ぶように。
レイヤー仲間も増え衣装製作依頼が激増。
 
2014年:レイヤーの闇や人間関係で苦しくなる。製作依頼も人を選んで受けるように。。。
 
2015年:人間関係が嫌になりすぎて、完全にレイヤーを辞退。製作は信頼できる人にだけほんの少し。
 
2016年:製作も全部辞める。
 
2017年:26歳になって、人間関係は嫌だったけどコスプレ自体は『人生で一番楽しかった』と、ふと気づく。
 
ヘアメイク講師の上田美江子先生に憧れて好きな事に情熱をもっていきたいと強く思う。
 
コスプレ&衣装製作を再開。
記念にブログ開始。
 
コスプレしてて一番思ったのが衣装製作を自分でできない人が多く『もったいない』と感じていたこと。
そこで私自身が製作方法をブログ発信していくことにしました。
 
 
好き:猫
嫌い:ピエロ
ハマっている:ラプンツェルのグッズ集め
趣味:映画鑑賞、読書、小物作り
 
 
最後に:
私はコスプレを全く知らない状態で衣装製作に取り組みはじめました。
コスプレの衣装を作るのは驚くほど面白く、たくさんの衣装を製作してきましたが、これからも新しいアニメは放送されていく。その度にまた新しいキャラクターの衣装を作れると思うととてもワクワクします。
昔の私がこんなにハマるなんて全く想像できませんでした。それくらい衣装製作は面白いものです。
これからもクオリティの高い衣装を製作できるよう書いていきます。
このブログがあなたのお役に立てれば幸いです。
 
【初めて私のブログに訪れた方へ】
⇒最初に読んでほしい記事
 
【製作依頼も募集してます】
⇒製作依頼はこちらから

↓無料の特別講座はこちらから↓

衣装製作依頼はこちらから

 
 
 

初めて私のブログに訪れた方へ

初心者向けの記事

  1. おススメ生地屋さんキャラヌノ私はほとんどの衣装の生地をキャラヌノさんで購入して製作しております^…
  2. どうもkaiです!今回は以前記事にした保育園入園時の準備する物の製作に入って行きます!…
  3. 糸と針についての基本と私の考え色々なサイトや本で『糸と針は大事ですよ~!』と言われていますがコス…
  4. ユニークポーチ今回は縫わずにメール型(封筒型)のポーチを作って行きます。イメージ的にはこ…
  5. 洋服のデザインについて
    自分で衣装や洋服のデザインをするどうもkaiです!今回は洋服や衣装のデザインについて書い…

アーカイブ

Official YouTube

PAGE TOP