はじめに 型紙の引き方など衣装製作について
 

古着のリメイク依頼:ひいおばあちゃんの思い出の着物をオシャレなタイトスカートに~着物からパンツにそしてスカートへ~

大切な人から受け継いだ洋服を捨てたくない。

どうもkaiです!

今回は初めてリメイクの依頼を受けので記事を書こうと思います。

友人の知り合いの方(女性)からひいおばあちゃんの着物を仕立て屋さんに持っていったら

とても着れたものではないパンツになって帰ってきた・・・。どうにかできないかな?という事でお話を頂きました。

ひいおばあちゃんの着物だとすると依頼して下さった方は30代なので家族で大事にされていたのだと思います。

本当に大事にされていたもののはずです。

こんな構造あり得ない!

リメイクを受け付けている店舗らしいのですが、私が見た時はとても仕立て屋さんが作ったとは思えない作りをしていました。

まず、パンツとしての構造がおかしくかがむと後ろからパンツが見えてしまい、見た目のシルエットも

もんぺとジョッパーズの間みたいな正直ダサいデザインでした。身体を綺麗に見せる工夫もされておらず、裏地も裏地としての役目をはたしていませんでした。

パンツの構造について少し書きます。

パンツは特別なデザインじゃない限りパンツの前と後とでは股ぐりの長さが違います。(パンツを穿く時前後が分からない場合は股ぐりが長いほうが後ろと覚えておくといいですよ^^)

※股ぐり:おへそから股を通して、後ろの同じ位置までの事【本来の股ぐりの解説とは違います。分かりやすくしているので採寸の仕方ではありません。】

股ぐりの長さについて

分かりにくいですが、前の方が短いです。

前パンツと後パンツとでは長さが違います。

サルエルパンツなんかは長さが同じでも着心地にたいして影響がでないの同じになっているものが多いですが、普通のパンツでその作りはあり得ません。

他にも裾の処理がおかしかったり、ウエストにゴム通しを変な縫い方で作っているせいで普通に立っているとお腹部分の布が余り、お腹がポッコリして見えました。

正直これでお金を頂いているのなら辞めた方がいいと思うレベルでした。

ある程度学校で学んだりや自分で何度も服を作った事のある人ならわかる事を出来ていないからです。

人の大事なものを扱うという心構え

普段の衣装製作から『人が大事な時に着る物だから綺麗に作る・着た時のシルエットを綺麗に』という意識は大切にしているつもりです。

ですが今回はリメイク。

とても大事にされている物に関してはその服自体を扱う時『この人の大切な人の大事にしていた物なんだ。慎重に扱わないと。』という普段の衣装製作とは少し違った気持ちでした。

製作の気持ちに差があるとかではなく、なんていうか・・・『絶対可愛くしてお返ししたい!』ってお話を聞いた時におもったんですよ!

『ずっと閉まってあるのは可愛そうと思って、仕立て屋さんに持って行ったのに着れないパンツになった。だったらタンスにしまっておけばよかった。』

そんなのって着物を大事にしていた人も受け継いだ人もその着物自体も可愛そうじゃないですか;

人の大切な物を扱う時、その人の気持ちになって扱わないといけないのだと思いました。

着物からパンツ、パンツからタイトスカートへ

着物の時どんな感じで、どれぐらいの大きさかは分からなかったのですが、『スカートに出来ない?』というのは初めから聞いていたのでとりあえず全て解体するところから始まりました。

渡された時のパンツ

リメイク依頼のパンツ

ひいおばあちゃんの着物を仕立て屋さんにだしたら・・・

縫い目もおかしく、なんでこんなところが縫われているの?と思う所が多く、

縫い代の幅も一定ではなくリッパーで縫い目を外すのに3時間弱かかりました。

まっさらな生地から製作するより時間が掛かったのはほぼこの作業に時間を取られたからです;

全外し終えたら、生地に残った糸を外しアイロンで真っ直ぐにしてどんなスカートに出来るかを考えました。

パンツの作りが荒かったのが幸いし、幅は結構あったのでリボン付きのハイウエストのタイトスカートならいけるかな?と思って製作を開始しました・

縦線の柄の着物なので柄合わせをして、タック入れてベルトループを付け飾りのリボン紐をつけて、ウエストは前から見たシルエットはスッキリさせて、後ろで6本の細い平ゴムを通し後ろ部分にゆとりをもっていきました。

飾りのリボンを付けようと思ったのはこの布(着物)を最大限使いたかったからです。

出来るだけ余る事なく、無駄にならない様に考えました。

ハイウエストにしたものそこが1番の理由だったりします。

最終的に余った布はわずかで、スカートと一緒にお渡ししました。この余り布で小物が作れたかもしれません。

ですが、そのままお返しした方がいい気がしたので何もせずお返ししました。

完成したのがこちらのスカートです。

着物をリメイクしたタイトスカート

バックスタイルの写真を撮り忘れたのですが、リボンは後ろに持っていく事も出来るので前をスッキリさせたい場合は後ろで結ぶのもおススメです^^

タックと後のウエスト部分で動き分量を作っているのでかがんだり、座ったりした時も無理なく座れます。

初めてのリメイク依頼を終えての感想

人が大事にしている物を扱う心構えや、いかに無駄なくオシャレな服ににするかを凄く考えました。

普段の衣装製作より生地を余らすことなく、しかも古い生地なので慎重に扱わないといけなくて作業を始めて完成するまで寝ませんでした。

寝ると集中力も出来上がりイメージも消えそうで怖くて(笑)

でも次の日お届けして、喜びのお電話を頂いた時は本当に嬉しく、頑張って作って良かったと思いました!

他にもワンピースのウエスト部分にリボンを通すものとチャイナ服のリメイクもお願いされていたのですが、ビフォーアフターを撮り忘れていたので載せれず残念ですが、今回こんか機会を頂けて良かったです。

1から作るのとは違った楽しみや、経験ができました!

※ディズニープリンセスのコスプレ衣装キッズモニター募集中⇒詳細はこちらから

⇓製作やリメイクの依頼はこちらから⇓


 
 
kaiのinstagram

 
はじめに 型紙の引き方など衣装製作について
 
体系、採寸のやり方の理解
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

体系、採寸のやり方の理解

YouTube Q&Aインタビュー

Profile



 
 
高良 海
1991/01/29 沖縄県出身
 
高校卒業後に服飾の専門学校でデザインと服の作り方を学ぶ。
 
2011年:コスプレの存在を知る前に友人にコスプレの衣装製作をお願いされ衣装製作をはじめる。
 
2012年:【麗華さん】のコス写を見て感動。と同時にレイヤー活動も開始。
 
2013年:レイヤーとして一番活動していた時期。東京のスタジオにも足を運ぶように。
レイヤー仲間も増え衣装製作依頼が激増。
 
2014年:レイヤーの闇や人間関係で苦しくなる。製作依頼も人を選んで受けるように。。。
 
2015年:人間関係が嫌になりすぎて、完全にレイヤーを辞退。製作は信頼できる人にだけほんの少し。
 
2016年:製作も全部辞める。
 
2017年:26歳になって、人間関係は嫌だったけどコスプレ自体は『人生で一番楽しかった』と、ふと気づく。
 
ヘアメイク講師の上田美江子先生に憧れて好きな事に情熱をもっていきたいと強く思う。
 
コスプレ&衣装製作を再開。
記念にブログ開始。
 
コスプレしてて一番思ったのが衣装製作を自分でできない人が多く『もったいない』と感じていたこと。
そこで私自身が製作方法をブログ発信していくことにしました。
 
 
好き:猫
嫌い:ピエロ
ハマっている:ラプンツェルのグッズ集め
趣味:映画鑑賞、読書、小物作り
 
 
最後に:
私はコスプレを全く知らない状態で衣装製作に取り組みはじめました。
コスプレの衣装を作るのは驚くほど面白く、たくさんの衣装を製作してきましたが、これからも新しいアニメは放送されていく。その度にまた新しいキャラクターの衣装を作れると思うととてもワクワクします。
昔の私がこんなにハマるなんて全く想像できませんでした。それくらい衣装製作は面白いものです。
これからもクオリティの高い衣装を製作できるよう書いていきます。
このブログがあなたのお役に立てれば幸いです。
 
【初めて私のブログに訪れた方へ】
⇒最初に読んでほしい記事
 
【製作依頼も募集してます】
⇒製作依頼はこちらから

↓無料の特別講座はこちらから↓

衣装製作依頼はこちらから

 
 
 

初めて私のブログに訪れた方へ

初心者向けの記事

  1. ハロウィン前は依頼が多い!dハロ影響??どうもkaiです。この頃ハロウィンに向けての衣装…
  2. やっぱり使えるグッズ達!①KAWAGUCHI ピケ ほつれ止め 33ml 11-240ロ…
  3. 型紙って難しい?どうもkaiです。今日は以前にもお話させて頂いた型紙についてもっと詳しく…
  4. ユニークポーチ今回は縫わずにメール型(封筒型)のポーチを作って行きます。イメージ的にはこ…
  5. 手縫いの種類とボタン付けどうもkaiです!今日は手縫いについて少し詳しくお話しようと思い…

アーカイブ

Official YouTube

PAGE TOP