はじめに 型紙の引き方など衣装製作について
 

洋服を独学で作りたい裁縫初心者はワンピース製作から⁉いやいや基本的な縫い方からです。

 

洋服を自分で作れる様になりたい人に・・・

どうもkaiです。

今回は自分で衣装やオシャレ着を作りたいと考えている人におススメの本や手順について書いて行こうと思います。

よく『初心者はワンピース作りからおススメ!』とかいう方がいますが私はおススメしません。

本屋さんや手芸店などに行くとワンピースの型紙のみ付いていて作り方も解説されている本を見て、初心者でも簡単そう!私でも作れそう!と思ってしまうのですが…

ハッキリ言って、ワンピース作りは一般的に初心者向けと思われがちですが意外と難しいです;

しかも、ミシンを購入したばかりで型紙も理解できていない人に見頃や袖、見返し、スカート部分の線が重なっている型紙を写すのは大変なはずです。

もしワンピース作りからおススメしている方が居たらその方はすでに多少服が作れ、そういった【重なって印刷された型紙を見慣れている】ので感覚が麻痺しています!

私は地元の沖縄で衣装製作講座を月に1度開催しているので【本当の裁縫初心者】の方と触れ合う機会多いので気が付いたのですが、手縫いが苦手な方も当然いて、ミシンを触るのも恐る恐るです。

先月の講座では部分縫いと言って、手縫いで真っ直ぐ縫う練習やボタンの付け方、ミシンを使ってカーブを綺麗に縫う方法や角の縫い方を練習しました。

なぜここまで細かい所からやるかというと服の構造のどこかしらにその縫い方をする部分があるからです。

カーブの縫い方は袖と見頃を縫い合わせる時に使います。

直線縫いはウエストベルトやパンツの裾を縫う時に。

角(尖った角等)の縫い返しはシャツの衿やポケットを縫う時に使います。

どれも服を作る為に必要な縫い方です。その他にも沢山の部分縫いをしました。

今月の講座では色々なファスナーの縫い方を教える予定です。

縫い方やその縫い方が服のどういった部分に使われる縫い方かを知って、実際に縫うのと縫わずに本を買ってしまうのとでは難しいと感じる度合いが全然違います。

講座に参加されている一人一人に苦手な縫い方、得意な縫い方がありました。

まずはそういった苦手な部分を克服しながら『縫う』事に慣れるのが面倒と思うかもしれませんが自分で服を作りたいと思うなら近道です!

 

じゃあどうやって部分縫いをするの?どうやればいいの?初心者はどうすれば⁉

洋服を綺麗に作れる様になりたいと本当に思っているのであれば初めは型紙が付いている本を買わない事をおススメします。

本屋さんで何気な~く手に取ったワンピースが作れるらしい本をパラパラとめくります。すると可愛い生地を使った可愛いシルエットのワンピースを着たモデルさんの綺麗な写真が載っています。

『綺麗!これを自分も作れるの?作り方は?』なんて思ってまたパラパラとめくっていくとどうやら全部のワンピースの写真の後は作り方(縫い方)が細かく説明されているみたい!

『これならいける!』と本に載っているワンピースを自分で作り、着ている姿を想像しワクワクしながらレジへ持って行きます。

家に帰りいざ本の最後の型紙の紙を広げてみるとビックリ!!線が沢山重なっている!!

ザ・ワンピースの型紙

どこのパーツか書かれているけど実際どうやって縫い代を付けていいか分からない;袖ってどうやって縫うの??最悪、型紙自体を写し取る事が出来ず本をしまってしまいます。

先ほどもお話した通り、型紙を何とか写し取れたとしてもどう縫っていいか分からずに作ろうとすると綺麗に縫えませんし、そもそも完成も怪しいです;

そしてじっくり読んでみると全部のワンピースの縫い方が事細かく(本当に初心者が知りたい所)は載っていない事に気が付きます。

そして諦めてしまうのです。難しい;自分は不器用なんだ;と…。

ただ基本的な縫い方を知る前に中、上級者向けの本を手に取ってしまったがために折角意気込んだ気持ちもワクワクして買ったミシンもあまり使わなくなってしまいます。

そんなのはもったいないです!洋服が作りたくてミシンを買ったなら作れる様になる為の【縫い方の練習】をしましょう!

そしてその練習を続けるうちにミシンの使い方を身体が覚えて行きます^^

難しい事ではないんです。

不器用ではないんです。

ただ慣れていないだけなんです!

慣れれば早く縫えるようになりますし、自然と綺麗に縫えるようになります^^

まずは色々な縫い方の練習をしましょう!

 

そういった経緯があって、私の講座では手縫いの部分縫いからミシンの部分縫いを生徒の皆さんにやってもらっています。

じゃあ講座に参加できない私はどうしたらいいの??と思いますよね。

そんな方におススメの本が2冊あります。

紹介する2冊とも完ぺき!って訳ではありませんが私が見てきた本の中で1番痒い所にも手が届くとっても初心者向けの本だと思います。

退屈かもしれません。すぐに服作りに入りたいですもんね;でも是非この2冊を読み込んで、出来れば同じように縫って練習してから洋服の製作に入って下さい。

何度も読み返して、実践してほしい私のおススメの本

文化出版局から出版されている水野佳子さん著の『きれいに縫うための基礎の基礎』『パターンから裁断までの基礎の基礎』この2冊です。

※画像から購入ページに飛べます。

まずは『きれいに縫うための基礎の基礎』の内容について簡単な説明とおススメポイントとちょっと残念な所について!

内容としては基本ミシンで綺麗に縫う方法が主で手縫いについては一切ありません。なのでミシンを持って居る方でこれから洋服を自分で作りたいと思っている方におススメです!

生地によって使う針を変える事、糸の選び方、まち針(ピン打ち)の刺し方など細かく解説されています。

もちろんファスナーの縫い方は専用のアタッチメントの紹介もされていますよ^^

この本にはカーブを綺麗に縫う方法や、凸凹を縫い合わせる時のコツなどが載っているので余り生地や安いハギレなどで練習するのにもってこいです。

ただ…本なのでやはり断片的である事(これに関してはどの本もそうですが)、ほぼカラー印刷でない事がちょっぴり残念です;

ですが全てイラストでの解説ではなく写真なのが幸いです(^^)/

※講座ではこの本の部分縫いの項目で洋服作りに頻繁に使う縫い方だけを選別し、私が必要だと思った縫い方をプラスして行っています。

次は『パターンから裁断までの基礎の基礎』の内容について簡単な説明とおススメポイントとちょっと残念な所について!

内容は型紙を写す時に使う道具の使い方や縫い代の正しい付け方、裁断する時の生地の扱い方、芯についてや柄合わせなど本当に細かく解説されています。

私がこの本で1番親切だと感じたのは定規の使い方の解説とフリーハンド(定規などを使わずに)で型紙を綺麗に写す方法の2つを載せている所と意外と解説されない縫い代の正しい付け方が解説されている所です。

正直型紙の写し取り方はこの本があればある程度可能だと思います。

ある程度というのは、型紙を写し慣れていない方が初めてやっても著者の様に綺麗に出来ないって事です。

私は線がブレない様に引けますが、初めて型紙を扱った時は今の様にできませんでした。やはり数をこなす、練習するというのは大事ですね!

残念な点はカラーじゃない箇所が少しあるくらいで私はあまりないと思います!

※おそらくですが『きれいに縫うための基礎の基礎』の出版後、白黒で分かりにくいという声があって、改善されたのかもしれません^^もしくはただ、型紙は白黒でもさほど支障がないので裁断の解説ページのカラーの割合が多いだけかもしれません。

この2冊が私が洋服を自分で作りたいと考えている人に初めに読んで欲しいと思う本です。

私がこの本を買ったのは(きれいに縫うための基礎の基礎を買った時)専門学校に通っている時に東京に研修に行った際、文化服装学院を見学させてもらった時に購買で販売されていて私の尊敬する先生がおススメしたからでした。

私は奨学金で専門に行っていたのでこの研修時もそんなにお金を持ってこれず、学業に専念したいという気持ちもありバイトもしてなかったので姉と叔母さんがお金とカードを持たせてくれました。

なので私は本当に為になるものだけにお金を使おうと決めていたので先生がおススメしたこの本と学校では支給されなかった定規をその時一緒に購入しました。

今でも大事に持って居て、本には学生の時につけた付箋が沢山貼ってあります。本で分からない所は先生に聞いてポイントを自分が分かる様に書いていた様で今読み返しても分かりやすいので勉強していて良かったと心底思いました(笑)

今では本を見ずにファスナーを付けれますが、製作の前にはこの本を1度見返すようしています^^なんとなく身が引き締まる気がして(笑)

でもそれぐらいおススメの本です!

分からない所はもちろん出てくると思います。そんな時はいつでもコメントやメールなどで聞いて下さい。

何ページのここが分からない!綺麗にできない!と^^

同じ本を持っているのでお力になれます!学生の時、私にはなんでも教えてくれる先生がいたので分からない所はすぐに解消出来ました。

でも今から独学で始めようと考えている方には教えてくれる人が居ません。

分からない事が増えてしまってはモチベーションが下がってしまいます;なので本で分かりにくい所、難しいと感じる所があったら何でも聞いて下さい!

本以外でも裁縫をしていてちょっとした【分からない事】があれば溜めずに消化しましょう!私がお答えできる事に関しては出来る限りお力になれればと思っています。

メールマガジンがまだ完成していない為、特別講座の特典やメールをお届け出来ておりませんが特別講座の内容は私が沖縄で開催している衣装製作講座の内容や多く頂いた質問の回答やちょっとした縫うためのコツの動画などを予定しております。

完成しておりませんが登録して頂ければいつでも質問して下さい^^私がきちんとお返事させて頂きます!

 

これを初心者におススメしてるの⁉ワンピースが作れる本の型紙

私はこの頃余った生地や生地屋さんで一目ぼれした生地でワンピースを作っているのですが、タレントの篠原ともえさんの『ザ・ワンピース』と『ザ・ワンピース2』という本です。

確かにミシンに慣れている人、型紙を簡単に写し取れる人にはとてもありがたい本です。

私はアレンジしてフリルの量を増やしたりしてこんなワンピ―スを作ったりしています!

このワンピースも時間はさほど掛かりませんでしたが、それは私が【服を作る事に慣れている】からであって決して簡単ではありません。

※本当の初心者向けではないと断言できます。

ザ・ワンピースの型紙

まず、初めにお話しした通り縫い方が分からないという点、型紙がこんなにも重なり合っている上、1つのデザインでもサイズが多いので線が見づらい点、袖の縫い方は思った以上に難しい点からこの本は初心者向けではないと思います。

完全に中、上級者向けの本です。

この本よりも簡単なデザインのワンピースの本も沢山ありますが、たとえ袖が無いとしても次はバイアステープや見返しといった別の縫い方が出てきます。

なので私は『初心者の方はワンピース製作から!』とは言いません。

もし、服で初めて作るなら浴衣や着物の様な直線的な構造の物やスカート(特にプリーツスカートやタイトスカート)、子供服の製作からおススメします。

 

初心者の方におススメの服を作れる様になる為の順序を簡潔にまとめてみました!

  1. 手縫い用の針とスパンミシン60番の糸(手芸店の店員さんに聞けばすぐわかる1番スタンダードな糸)で手縫い
  2. しばらく手縫いで色々なものを作ってみる(小物、フェルトのぬいぐるみ等)
  3. おススメした2冊の本を読みこんで沢山実践してみる◆ここは結構長い期間やるべき◆
  4. ミシンで縫う事に慣れてきたら浴衣やスカートなど簡単な構造の服から作ってみる

めちゃくちゃ簡単にまとめしたが、大体こんな感じで進めるのが1番上達が早いです。

細かい所、基礎を飛ばさずにきちんと順番立てて学べば1年で服は作れる様になります!

私がそうだったので自信を持って言えます^^私も決して器用な方ではないと思います。ですがその分誰よりも数をこなし、練習に時間を掛けました。

ファスナーの縫う部分がボロボロで破れるぐらいファスナーの縫い方は練習しました。

今でも苦手なセーラー服の衿(セーラーカラー)は本番の生地を使う前に必ず要らない生地で練習をしてから縫います。

常に諦めず、自分が納得のいく仕上がりになるまで練習してみて下さい^^

実際作った時、縫い目から他の人と違うぐらい綺麗な仕上がりになっているでしょう。

細かい所まで綺麗に手を抜かずに製作すると仕上がりも持ちも全然違ってきます。

それを実感し、どんどん上達して、自分が作りたい物をどんどん作れる様になっている姿を思い浮かべてみて下さい!

最っ高に楽しみになってきませんか??

 

kaiのinstagram

Twitter

はじめに 型紙の引き方など衣装製作について
 
体系、採寸のやり方の理解
 
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

体系、採寸のやり方の理解

YouTube Q&Aインタビュー

Profile




 
高良 海
1991/01/29 沖縄県出身
 

高校卒業後に服飾の専門学校でデザインと服の作り方を学ぶ。
 
2011年:コスプレの存在を知る前に友人にコスプレの衣装製作をお願いされ衣装製作をはじめる。
 
2012年:【麗華さん】のコス写を見て感動。と同時にレイヤー活動も開始。
 
2013年:レイヤーとして一番活動していた時期。東京のスタジオにも足を運ぶように。
レイヤー仲間も増え衣装製作依頼が激増。
 
2014年:レイヤーの闇や人間関係で苦しくなる。製作依頼も人を選んで受けるように。。。
 
2015年:人間関係が嫌になりすぎて、完全にレイヤーを辞退。製作は信頼できる人にだけほんの少し。
 
2016年:製作も全部辞める。
 
2017年:26歳になって、人間関係は嫌だったけどコスプレ自体は『人生で一番楽しかった』と、ふと気づく。
 
ヘアメイク講師の上田美江子先生に憧れて好きな事に情熱をもっていきたいと強く思う。
 
コスプレ&衣装製作を再開。
記念にブログ開始。
 
コスプレしてて一番思ったのが衣装製作を自分でできない人が多く『もったいない』と感じていたこと。
そこで私自身が製作方法をブログ発信していくことにしました。
 
好き:猫
嫌い:ピエロ
ハマっている:ラプンツェルのグッズ集め
趣味:映画鑑賞、読書、小物作り
 
最後に:
私はコスプレを全く知らない状態で衣装製作に取り組みはじめました。
コスプレの衣装を作るのは驚くほど面白く、たくさんの衣装を製作してきましたが、これからも新しいアニメは放送されていく。その度にまた新しいキャラクターの衣装を作れると思うととてもワクワクします。
昔の私がこんなにハマるなんて全く想像できませんでした。それくらい衣装製作は面白いものです。
これからもクオリティの高い衣装を製作できるよう書いていきます。
このブログがあなたのお役に立てれば幸いです。
 
【初めて私のブログに訪れた方へ】
⇒最初に読んでほしい記事
 
【製作依頼も募集してます】
⇒製作依頼はこちらから




↓無料の特別講座はこちらから↓

衣装製作依頼はこちらから

 
 
 

初めて私のブログに訪れた方へ

初心者向けの記事

  1. おススメ生地屋さんキャラヌノ私はほとんどの衣装の生地をキャラヌノさんで購入して製作しております^…
  2. コスプレをしていると出てくる人間関係の問題について
    コスプレをしていて・・・どうもkaiです!今回はコスプレの悩みについて検索してみました。…
  3. やっぱり使えるグッズ達!①KAWAGUCHI ピケ ほつれ止め 33ml 11-240ロ…
  4. 洋服のデザインについて
    自分で衣装や洋服のデザインをするどうもkaiです!今回は洋服や衣装のデザインについて書い…
  5. ハロウィン前は依頼が多い!dハロ影響??どうもkaiです。この頃ハロウィンに向けての衣装…

アーカイブ

Official YouTube

 

PAGE TOP