初心者に陥りがちなパターンとして、『入門編』や『初心者向け』と書かれた本に手を出すのですが、

そういった本には前提としてある程度の知識がないと作れない事がほとんどです。

型紙と数ページの解説がついてるぐらいで本当の初心者向けとは思えません。

型紙と数ページの解説で作れてしまう人は中・上級者になります。

では、本当の初心者にとって何が必要なのでしょう?

まず、『採寸のしかた』『服の構造』を理解する必要があります。

服の構造にはパターンがあり、そのパターンを覚えて初めて『服の設計図』である型紙から服が作れる様になるのです。

型紙からある程度衣装が作れる様になると、おそらくあなたの想像以上に色々な衣装が作れる様になっています。

新しいキャラクターの衣装を誰よりも早く製作できたり、製作すること自体が楽しくなったり

自然と衣装のクオリティも上がってくるのは間違いありません。

そうなってくると、『入門編』や『初心者向け』といった本を見た時に、スラスラと理解する事ができ、

本当の初心者が初めに見るべきものではないと私が思った理由に共感してもらえると思っています。

特別講座では本当の初心者が『服の構造』を理解し、衣装が作れるように限定プレゼントを用意しています。

【はじめに知っておくべき衣装製作の世界】

【手縫の基本・縫わずに作れる小物・衣装

【おススメ道具10】

※動画と専用文字ファイルでお渡ししています。

 

このプレゼントで衣装製作について必要なことはかなり詰め込みました。

その辺の書店で本を買って学ぶより、しっかり学べて初心者さんにはずっと理解しやすいのではないかと思います。

それぞれ5分の動画とサッと読める文章なので、空いた時間にでも目を通して頂ければと思います。

衣装製作が『当たり前』になると、自分のイメージ通りの衣装が作れますし、わざわざ高いお金を払わなくても質の良いものが出来てしまいます

クオリティの高い衣装を着ると自信が持てますし、その自信は自然と周りにも伝わります。そうやって、私は自分の製作モチベーションを高めてきました。

もちろん不要であればメール内のリンクからワンクリックで簡単に解除できますのでご安心を。

特別講座参加者限定で秘密のプレゼントなどもお渡ししていきます。

興味があればあなたも是非参加してみてください!



※メールアドレスを入力して参加ボタンを押した後、メールが届きます。

 

『かいってコスプレの衣装作れない?』突然友人から連絡が入りました。

『コスプレって何?』その時私はこう返信をしました。

話を聞くと夏コミというイベントに行くための綺麗な衣装が見つからず、『そういえば!かいなら服作ってくれるかも!』と思い、私に連絡をしてきたようです。

コスプレも夏コミも初めて聞く言葉だったので私は正直戸惑いましたが、その後すぐに友人は『これなんだけど、作れる?』と画像を送ってきて、衣装なんて作ったことがなかった私ですが画像に映った衣装を見て『なんだこれは!』と驚き、同時に現実味のない服の構造にワクワクしました。『作れるよ!』そう答えた時、私がコスプレの世界に惹かれていくきっかけとなりました。

 

友人のお願いから始まった衣装製作、3年も経った頃、全部合わせると100人以上の衣装を製作していました・・・。

どこから広まったのか、全く関わった事の無い人からも依頼が来るようになり1日で8人分の衣装を一度にお願いされることもありました。

 

次第に衣装製作の依頼数は増えました。

同時にいくつも依頼があった場合、キツイ時には3日間寝ずの製作もありました。約束の期日ギリギリの完成で朝から走って郵便局に行く、そんな事も当たり前のように続きました。

この頃から、地元のコスプレイベントに参加すると

友達になれば安く作ってくれると考えて近づいてくる学生レイヤーさんが増えはじめました。

はじめこそ、そういった方達にもこころよく接してはいたのですが、依頼が増え忙しくなるにつれてそういった方たちの『安く作ってもらおう』という安易な精神、言い換えると『利用してやろう』という意図の見える衣装の依頼にだんだんと苦しくなってきました。(私の考えすぎもあったかもしれませんが・・・)

楽しかったはずのコスプレがこの頃から少しづつ嫌なものに変わりはじめていました。

唯一、依頼者様からの『お礼のメッセージ』を読んだときが励みとなっていたのをよく覚えています。

 

予想以上に嫌な事は続いてしまいました。

『生地を渡せば作ってもらえる』・『仲良くなったら少し安くしてもらえる』そんな気持ちを持って声をかけてくる人はどんどん出てきました。

そんな時、私にある一通のメッセージが届きました___。

 

『衣装製作お願いしたい。でも、依頼したものを自分が作った事にしたい。出来れば作業風景とかも公開しないでほしい。』そんなメッセージが来たのです。

コスプレをしている人の大半は、それぞれ自分の楽しみのためにやっている。というのが普通の事だと思います。しかし、まれに『別の目的』を持った方も存在するんですね。

別の目的とは例えば『コスプレ雑誌に載りたい』『リアル・ネット上でちやほやされたい』など一言でいうと『人気を得たい』人がそれです。

自分の知名度を上げたいのか、見栄を張りたいのか知りませんが私は自分が製作した衣装をそのような人に利用されたくはありません。

衣装を製作するこちらとしては相手に喜んでもらえるよう一着に数日~数週間の時間をかけて真剣に作り込みます。『自分が作った事にしたい』というのは、私の時間と気持ちを無視した言葉になります。

あんなに気分の悪いメッセージは初めてでした。

しかも、以前に二度製作をしていたレイヤーさんだったこともあり、『こんな人だったんだ・・・』と、その時こんな人間関係に気持ちが悪くなりコスプレを辞めようと決めました。

 

コスプレを辞めて普通に友達と買い物に行ったり、飲みに行ったりする生活に戻りました。初めの内はスッキリした気持ちで、むしろコスプレしない分のお金が浮いたので好きな物を買ったりして『辞めて良かったんだ。』とそう思っていました。

でも、、、、

SNSでコスプレ写真を自然といいねしてしまう。

新しいマンガを買うと『このキャラの衣装作るの楽しそうだな~』と考えたりしてしまうのです。

コスプレ自体は辞めても変わらず好きで気になってたんですね。

 

普通に遊びに行っても何かが足りない。マンガを読むとコスプレをやりたいキャラができてしまう。

コスプレを始めた時の楽しかった感情が『ぶわっ』とよみがえっては嫌な事を思い出しやめる。

そんな事をしている内に2年以上経っていました。その間また始めようか。いや、もう無理かも。の繰り返しです;

 

もやもやした気持ちがずっとあって、これじゃだめだ!やりきりたい!次は変な人とは関わらずにやりさえすればいいんだと思い、もう一度製作をはじめる事にしました。いわゆる『出戻りレイヤー』ですね(笑)

ただブランクがある分、一人でコスプレイベントには行けないし急に以前のレイヤー仲間に連絡を取るのも気まずくて何からはじめたらいいのかと悩んでしまいました。

そこで、私が衣装製作を再開したことをそれとなく伝わる方法はないのかと思い、ブログをはじめ各SNSでも発信するようにしました。

すると思ったよりも反響があり開始早々に製作依頼が入りはじめました。

 

衣装製作を再開した時期、『ヘアメイクモデルやってみない?』と、普段お世話になっている美容師さんから声をかけて頂き、何か『コスプレに役立つ事がありそう』とモデルをやってみる事にしました。

ヘアメイクモデルをしたことで私は世界で活躍する有名なヘアメイク講師の上田美江子先生という方とお会いしたのですが、その出会いが無ければ【特別講座】なんてやっていなかったかもしれません。

上田先生の考え方や生徒さんに対する姿勢、教えられる事は一切出し惜しみせず生徒さんの成長を第一に考え取り組んでいる姿がカッコよく、この人みたいに好きな事に情熱をもって生きていきたいと強く思いました。

コスプレ衣装 コスプレ衣装製作 コスプレ衣装制作 コスプレイヤー ヘアメイク 上田美江子

 

衣装制作家としてクオリティの高い衣装の提供は当然ですが、衣装製作も正しい順序で学べば簡単にできる様になること、そしてその正しい学び方を伝えて行くことに意味があると思いました。

今ではコスプレ衣装製作に関する本が、沢山販売されています。

ですが、いくら『初心者向け』と書いてあっても内容が本当に初心者向けとは限らないのです。

何かを自然に出来るようになるとそれが『当たり前』になってしまいます。

例えば、初めは1回も出来なかった縄跳びも二重とび・三重とびと、簡単に出来るようになった時、普通の縄跳びは出来て『当たり前』になっていますよね?でも、縄跳びが出来ない人からすると普通に縄跳びをするのも難しいはずです。

その感覚と同じで、衣装製作も教えている側の『出来て当たり前』が初心者からすると『当たり前』の事ではないので、難しく感じたり、出来ないと思ってしまうのではないでしょうか?

教える側になるとほとんどの人が初心の頃を忘れてしまい一般の人の『初心者向け』の感覚との間に差ができ、どこから教えるのがベストなのか分からずに本を出している為、こういった状況になっているのだと思います。

 

なので私は、私自身が何も作れなかった頃を思い出し、その後学んだ経験を活かして、衣装製作を初めて取り組む人に向けて正しい順序でその差を埋め、順を追ってステップアップ出来るように【特別講座】を始めました。

この【特別講座】を通して、あなたは衣装製作が思っている以上に簡単で楽しいものだと感じて頂けると思います。

それでは、特別講座にてお会い致しましょう。




※メールアドレスを入力して参加ボタンを押した後、メールが届きます。

 

特定商取引法に関する表示  |  プライバシーポリシー