”プレゼント付” Takara kai 公式メールマガジン

神威風コスプレ衣装を既製品より綺麗に作る!|使用生地・型紙・縫製・裁断などの作業を全部公開

生地にこだわった完全オーダーの依頼品

どうもkaiです!
この記事では依頼を受けてフルオーダーで製作した銀魂、神威の衣装製作工程を全て公開しています^^

使った生地、染め方なども解説していますので、再現度の高いコスプレをしたい方は是非みて下さい。

◆製作段取り◆

まず依頼者様サイズで型紙を引いていく為の原型というものを作ります
原型を元に型紙を引いていきます。今回はフルオーダーの為全て1から型紙を引きます。
引いた型紙を元にシーチング(要らない生地)などで1度形を出して行きます。
立体的にした衣装を見て、手直ししないといけない箇所があったら型紙を修正します。
ここでやっと生地を裁断します。
芯張りが必要な個所は芯張りを先にしておきます。
縫製

こんな感じで製作していきます。

使った生地~1番初めの型紙製作から順に製作風景を紹介したいと思います。

◆神威の衣装製作に使ったキャラヌノさんの生地紹介◆

★生地の写真★

神威の衣装に使う生地のポリエステルジャージーとチャイナ地

銀魂 神威

今回の神威の衣装に使う生地

こんな感じの生地を使っていきます♪

カフスのチャイナ地をパンツのポリエステルジャージーに寄せて染めていきます。

これで生地の色味が揃って衣装のつながりも良くなります(*’ω’*)

パンツをポリエステルジャージー(ジャージ生地)にしたのは

上のフィギュアの画像の様な動きが出来るようにストレッチ性の物で製作したかったからです。

神威はキャラクター的にアクロバティックな動きが多いので

もし依頼者様がそんな1場面を撮影する時に動きにくい衣装だとそのキャラらしい撮影が出来くなってしまいます><

私も自分でコスプレをする時にポージングの事や撮影場所を考えて型紙を引いたり、生地を選んだりするので

今回もいつも同様『ポージング』や『ライトに当たった時の光かた』などを考えて生地選びを行いました。

神威の衣装を普通の綿で作っている方が多い為、サテンを使う人が増えてきました。

ですが、通常のサテンは薄く、手芸初心者には扱いにくい生地の上あまりにテカリ過ぎて安っぽく見えてしまいます。

そんな生地を使って、しかも裏地も付けずに製作すると・・・考えるだけで絶対に着たくない服の出来上がりですね。

その点今回選んだ生地はドレスサテンと言って少し高い生地ではありますが、通常のサテンに比べ厚みがあって生地のテカリ具合も品があるのでおススメです^^

普通のサテンとドレスサテンとの扱いやすさは裁断の時にすぐに分かると思うので一度試して見て下さい。

★改めて通常のサテンとドレスサテンの違い★

ハリのあるドレスサテン

銀魂 神威

ハリのあるドレスサテン

薄い通常のサテン

銀魂 神威

通常のサテン

上の写真のようにつまんで持ち上げただけで生地の厚みやハリ、ライトを当てた時の生地のテカリ方の違いが分かります。

こんな薄いサテンで裏地や芯地もなしに製作してしまうと綺麗な衣装は作れません;

なので今回は表地にドレスサテンを使う事にしました!

型紙を引く

原型という型紙を引くための土台を使ってチャイナ服とパンツの型紙を引いていきます^^

神威のチャイナ服の型紙を製図

製図中

型紙が出来上がったら一度要らない生地で形出しをして衣装のバランスを見て直していく所などあったら

形出ししたものにペンなどで直す線を書いて型紙の上に置いて綺麗な線にして直して本番の生地で縫いに入ります!

品のある光沢ドレスサテンで作るチャイナ服

ドレスサテンは私が1番好きな生地で、依頼者様にもサンプル帳で光沢などを確認してもらってこの生地に決めました^^

では裁断に入って行きます!

大きなパーツから裁断

パーツが大きいので台にいっぱいですw

後ろ開きなので後ろ見頃はカット

型紙の印をチャコペーパーとルレットで写す

見頃のダーツや他の印を写す

裁断が終わったら生地にチャコペーパーを挟み、ダーツや印をルレットで写し取って行きます。

この時型紙と裁断した生地を外してはいけません。チャコペーパーを挟み込む所だけピンを外してずれない様に

印を写します。ここで全部のピンを取ると型紙と同じ位置に印を写すのが難しくなってしまいます。

★裁断した衿を写真に撮ると・・・★

ドレスサテンのハリと光沢

生地のしっかり感と品のある光沢が分かります。チャイナ服を製作する時に普通のサテンで作ろうと考えてる初心者の方には扱いやすいドレスサテンをおススメします!

衿は芯張りします

衿は4枚カットして2枚は芯張りしていきます。芯の厚さは薄いもので大丈夫です!

裁断後端処理

全パーツ裁断が終わったら端処理をします。端処理をしたら生地を落ち着かせる為アイロンをかけます。

※生地の裏からアイロンをかけましょう!

ロックミシンの端処理は意外と忘れがちですが綺麗にやりましょう

端処理処理

針で通してカットします。

端処理した糸はそのまま切ってしまうとほつれて意味がないので大き目の針に通して縫い目に収めておきます。

細かいようですが、こういったちょっとした手間が衣装の持ちを良くしますので面倒くさがらずやりましょう!

帯の裁断

帯は柄があるので縫い目の柄が合うように裁断して縫って行くので気を付けて下さい!!

これを柄合わせと言います^^

 

カフスに使う白のチャイナ地を染めよう!

パンツが灰色なので繋がりを良くするために白のチャイナ地を染めて行きます^^

カフスのチャイナ地を染める

ポリエステル用の染料ブラックで少しづつパンツの灰色に近づけていきます!

左が染めるチャイナ地・右がパンツの生地

◆染め動画◆

 

神威のパンツの生地と同じ色になる様に染めます

動画での染めが薄かったので2回目の袖

違和感なく染める事ができました

2回目の染めでいい感じに同じ色になりました!

使った染料⇒マックスポイント ベストカラー (液体染料75ml) ポリエステル用 ブラック

染める時は一気に染めないで液を少し入れて少しづつパンツの色に近づけて行きます。

縫製に入って行きます!

カフスの染めも綺麗に出来たので早速縫製に入って行きます。

まずは、前・後ろにあるダーツを縫って、衿も縫い形を見ていきます!

まずはダーツを縫っていく

※写真がブレててすみません;

この時点ではまだ肩も脇も縫っていません!衣装のバランスを見るだけです。

◆袖を縫う◆

カフスはあらかじめ縫う

袖はカフスを先に縫ってこの様にします。

16㎝と長めですが、折り曲げて好きな長さに調節出来るようになってます。

カフスは長さが調節できるように長めに設定

袖とカフスを縫い付ける

この状態でカフスの先を1㎝まげて内側に縫い付けます。

その後、見頃の肩→脇→袖と縫い合わせて行きます!

神威の衣装製作進んでくると型紙からのイメージ通りで完ぺき

袖を縫い付けた所

袖を縫い付けてカフスを曲げてキャラクターのイメージに近づけていきます^^

◆襟を縫い付ける◆

チャイナ服の衿を縫い付ける

衿は見頃と襟の1枚だけを初めに縫って、その後見頃を衿に入れすでに縫い付けてある左の衿の様に

裏に縫い代が出ない様に少し縫い目を隠すように曲げ表から衿の際を縫い付けていきます。

◆帯の端を袋縫い◆

帯の袋縫い

袖まで縫い付けたら帯の端を両方1㎝内側に曲げて写真の様に袋縫いしていきます!

これで縫い目も目立たずに綺麗に仕上がります。帯は巻くタイプです^^

衿を付けたら神威の衣装完成です。型紙からイメージ通りに形が出せました

衿の付けイメージ(ピンで止めてるだけ)

衿を付けるとこんな感じです!

チャイナ服だけでももう神威って分かりますね^^

そして素材がいいので安っぽく見えず品のある仕上がりになりそうです!

チャイナ服は裏地を付けて完成になります。

後はパンツとチャイナ服のコンシールファスナー付けとチャイナボタンです♪

 

パンツの裁断

パンツの生地を裁断します。

ぱんつの裁断

ぱんつの裁断

ジャージー生地は柔らかく、裁断する時に動かしてしまうと綺麗に裁断できないので出来るだけ動かさずに

裁断する様に心がけましょう!

パンツの裁断

パンツの裁断

全パーツの裁断が終わったら縫製に入って行きますが、今回はここまでです^^

コンシールファスナーを付ける

開きはコンシールファスナーを使います。

コンシールファスナーの綺麗な縫い付け方という動画があるので

付け方が分からない方はその動画を見て付けて下さい。

コンシールファスナーを付けて完成の神威の衣装

開きの作る

★コンシールファスナーの綺麗な縫い付け方★

仮縫い

本縫い

ファスナー付けが終わったら見える下の部分の裏地付けをやって行きます。

裏地を固定する

裏地を縫って、端処理をして裁縫上手ではみ出さない様に貼り付けていきます。

神威の衣装に使う裏地のスタンダードサテン

使う裏地

中表にして縫い合わせ、裏地の方に縫い代を倒しアイロンを当てます。

縫い付け

縫い付けた裏地はこんな感じで端処理をし、裁縫上手で止めていきます。

※表地にまつり縫いするのがいいのですが、今回の生地的に表に響きそうなので裁縫上手を使いました。

裏地はこんな感じで端処理する

そうすると完成です!これも総裏地だとまた縫い方も変わってきますのであくまで今回の裏地の付け方です。

チラッと見えても綺麗

チャイナボタンを縫い付ける

数が多いので大変ですが、一つ一つ丁寧に手縫いで固定しいきます。

チャイナ服の開きは後ろなのでこのボタンは飾りです^^

なので外れない様にボタン口もしっかり縫い締めた状態です。

神威の衣装製作に使うために購入したチャイナボタン質が良くなかった

神威はボタン6つです^^

高いのに思ったより荒い作りだったので処理が大変でした;次からこのショップで購入しないと思いますw

この緩んでるボタンを縫い締めます。

ボタンの作りが甘すぎて1つ1つ縫うはめに・・・

縫う。

縫い締めるとこんな感じで綺麗になります。

縫い締め(裏)

ボタンの位置決め

ボタン全て↑の処理をし終わったらボタンの付け位置を決めていきます。

神威の衣装にチャイナボタンを付ける位置をきめます

仮のボタン位置

この段階では納得いっていないので、何度か配置し直します。

薄く印が付いている所のに付けて行く

トルソーに着せた状態でボタン位置を決めたところに薄く印を入れてあるのでそこにボタンを付けて行きます。

※チャイナボタンの付け方を動画に撮れずすみません。次回別で撮ろうと思います。

◆チャイナボタン付け終わり◆

ボタン付け終わり神威のチャイナ服完成

ボタンを付けた後のチャイナ服

神威のパンツの製作

パンツはポリエステルジャジーという素材なのでそのままミシンで縫いません。

ロックミシンというミシンで糸も変えて縫っていきます。

少し専門的な話になるのですが、4本ロックというロックミシンで要らない縫い代をカットしながら縫う事の出来るミシンです。

普通のミシンを使うのはウエストベルトのゴム止めの時ぐらいです!

この辺りの縫製の解説はロックミシンを持って居ないとしても意味がないので省きます。

※端処理に使っているミシンの糸をジャージー生地の縫える糸に替えて縫う。

裁断までは終わらせてありますので縫いから入って行きます^^

◆裁断したパンツのパーツ◆

ロックミシンと伸縮性のある糸

ニット地も縫えるロックミシン衣装製作には便利です

このミシンでパンツを縫う

糸はこんな感じ

フワフワした糸になってます。伸縮性のある糸なので伸びるジャジー生地などを縫う事が出来ます。

◆縫っていく◆

2本縫ったらアイロンをかけます

こんな感じで縫って、1本を裏返して股ぐりを合わせる。

前と後ろのパンツを脇から縫う

↑縫うとこんな感じになります。↑縫いながらカットして縫い代を5㎜にします。

股ぐりを合わせてぐるっと縫います。

股ぐりを縫う準備

パンツ部分を縫い付けたらゴムを通すステッチを入れ1.2㎝のゴムを3本通していく。

ベルト部分はロックミシンではなく糸を特殊な糸に替えて普通のミシンで縫う。

レジロン・ウーリー

上糸をレジロンという糸に、下糸をロックミシンで使ったウーリーという糸を使います。

◆ベルトにゴムを通す◆

ベルトを縫い付けてゴムを通す

前のベルトにはゴムを通さず、後ろのベルトのみになります。前からのシルエットを良くする為です。

また、チャイナ服を着た時に前側でゴワゴワしていると着心地も悪いので;

ゴムを3本にしたのも出来るだけゴワゴワしない様にです。

◆足首のリブ◆

足首のリブには逆に大き目の幅のゴムを1本通し、裾自体にはギャザーを寄せずにゴムだけで裾が絞れる様にしました。

通す平ゴムと通す前の裾

右がゴムを通し終えた裾。左が通す前の裾です。

パンツとリブ部分の幅が同じでゴムのみで神威のパンツの絞り感を出しています。

依頼品の神威の衣装のパンツ

完成したパンツ前

完成したパンツの前はゴムが通っておらずスッキリしています。

そして、全体的に細身のシルエットにした事で着た時にも綺麗に見え、上からチャイナ服を着た時にもあまり響きません。

完成したパンツ後ろ

後ろのゴムは細かく3本に分けた事でギャザーの様になり、着た時の余分な部分も細かく分散されます^^

ゴムを目いっぱい伸ばした時はヒップが通る大きさになるように製作します。

じゃないとおしりでつっかえてしまうのでw

衿付け前の仮イメージ

チャイナボタンを付けたトップ

コスプレ衣装 コスプレ衣装製作 コスプレ衣装制作 コスプレイヤー コス 銀魂 神威

チャイナ服・パンツ・帯

梱包方法~お送りするまで~

梱包は出来るだけ綺麗に小分けにして行います。

パーツが分からない時は付箋に『パンツ』や『トップス』など記載しますが

今回はチャイナ服・パンツ・帯全て色が違うのでその必要はありませんでした^^

小さいパーツはこんな感じで

パンツも入れたら大きい袋にチャイナ服を出来る限る折りたたまない様に入れます。

アンケートとお礼の手紙・名刺

いつも製作した衣装にはお礼のお手紙と今回の衣装についてのアンケートと依頼用の名刺を入れます。

※個人のやり取りの為ぼかしてあります。

お手紙とアンケートと依頼用名刺

この3枚を入れたファイルを衣装と一緒に入れてお送りさせて頂いております。

梱包完了です。

これをゆうパックで送ります。衣装製作が立て込んでいる時や今回の様に体調が悪い時は集荷をお願いしますが、

家から歩いて10分ぐらいの場所に郵便局があるのでいつもは歩いて発送に行きますよ^^

以上が衣装を送るまでの流れです^^丁寧に梱包して届いた時も嬉しい様に心掛けています!

ただ残念な事に私はとても字が汚いのでお礼の手紙は何回も書き直しする事が多いです;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

服作りは不器用こそ有利

0ベース、ミシンなしから始める 真・入門書

AMAZONカテゴリー「手芸・クラフト」「洋裁」でそれぞれランキング第一位を獲得した電子書籍

「服作りをやってみたい!でも不器用だから…」と諦めてきたあなたのほうが実は服作りに向いていた…? 洋裁経験0、ミシンなしから始める本当の服作りマスター方法を包み隠さず公開! スタートアップワークシート付きの超実践型入門書です。 《挫折経験アリ、不器用、0ベース、ミシンなし》だった著者が同じ境遇のあなたに届ける洋裁1ステップ目の教科書。