Takara kai
公式メールマガジン

洋裁経験0、洋服を作りたいのに挫折…
そんなあなたでも大丈夫!
服作りを挫折せずに楽しく続けられる私の実践方法も惜しみなく配信。
プレゼント付きの無料メールマガジンです^^

  • 何から始めたらいいか分からない。
  • 必要なものが分からない。
  • 本を見ても難しい。
  • やってみても続かない。
  • 手縫いも厳しい。
  • 型紙がいまいち理解できない。
  • ミシンを買ったのに1度触って閉まったまま…
  • 自分に合った洋服がなかなか見つからないので自分で作りたい!

なぜ服作りは難しいものと思われているのでしょうか?

ミシンのような機械を使うから?
道具を揃えるのにお金が掛かるから?

その他にも原因は沢山あるでしょう。

しかし、1番の原因は【洋裁】がたしなみとして花嫁修業の様に扱われていた時代があったからだと思います。

現代の『洋服を作れる様になりたい』という層と、昔から【洋裁】をしてきた人にはそもそも服作りについての《認識のずれ》があります。

昔から【洋裁】をしてきた人の多くは服作りは学校で学ぶ崇高な物作りと考えているのです。

服飾の世界は甘くない。

確かに昔はそうだったかもしれませんが、今の時代は違います。

何が言いたいかと言いますと、初心者には絶対作れないような内容の本が、さも「初心者向け」として普通に出版されている事実こそが《服作りは難しい》という間違ったイメージを作ってしまったのです。

次は初心者の方が犯してしまいがちな【服作りのタブー】についてお話していきます。


それは、服作りを始める際に(または続けて行く際に)やってはいけない事です。

挫折する人のほとんどが自分でも気が付かない内に【服作りのタブー】を犯してしまっています。

服作りのタブーの例をあげるとこんな感じです。

 

✔ すぐに洋服を作ろうとしてしまう。
✔ 型紙から学ぼうとしてしまう。
✔ 服作りを始めようと考えて買った本が自分に合っていない
✔ 何を作れる様になりたいかを決めていない。
✔ どこまで作り込みたいかを決めていない。

 

この様に初心者の方が犯してしまいがちな服作りのタブーは服作りを挫折する原因に最も多いパターンなのです。

ここで誤解しないで欲しいのですが『私はあなたに問題がある』とは思っていません。

あなたはただ、

【何が最も重要で意識するべき事なのか】をきちんと教えてくれる人に今まで出会えなかった。

たったそれだけの事なのです。

書店で販売されている本、ましてや学校ですらそれを体系化してきちんと教えている事は少ないでしょう。

しかし…私は何年も実践して行く中で、自分がなぜ独学で服作りをマスターする事ができたのかを考え、【何が最も重要で意識するべき事なのか】を見出す事ができました。

その全てをご登録してくださったあなたにお伝えしようと思います!

 

服作りはあなたが思っているよりも【難しく】ありません。

なぜ服作りは難しいと思われがちなのか…
その理由を知り、服作りを楽しく学んで身に付ける為にはそもそもの【捉え方】を変える必要はあります。

手縫いやミシンを苦手と感じる原因やそれを得意に変える方法を学ぶ事が出来るのであなたが服作りに取り組む時に出て来そうな不安や諦めなどの感情の対処方法が分かります。

『自分は不器用だから…』という方も『長続きがしない…』という方の服作りへのマインドブロックを外す事を目的とした動画講義です。

 

今からモノ作りを始めるあなたに全力で服作りをお勧めします。

服作りは他のハンドメイドよりも沢山の魅力があり、今始めるからこそ良いんです。
その理由をお伝えします。

感情論ではなく、なぜ今服作りが熱いのかをきちんと学べる動画講義です。
この動画講義では私の実体験から服作りがハンドメイドの中で学ぶのに最も価値があることを実感できます。

 

あなたが洋服を作れる様になると今よりも自分に自信が持て、なにより生活が豊かになります。

自分が豊かであることは周りも豊かにすることに繋がります。

私は服作りを仕事にしてから以前よりも確実に精神的に余裕が出来ました。

人は自分が満たされてからじゃないと心からの貢献は出来ないという事も自分自身で学び、だからこそあなたが服作りを習得した後の世界がどれだけ可能性に満ち、周りも幸せに出来るという事をきちんと解説する講義をご用意しました。

夢物語でも、私だからできた事でもありません。服作りを習得した後の世界は確実に今より良いものになって行きます。

これは私がブログやYouTubeで伝えたいといつも思っている事です。

あまりにも【難しい】【大変そう】というイメージが付きすぎている服作りですが、きちんと学べば本当に楽しく、他のハンドメイド作品より流行りに左右されません。

服作りは学ぶ段階で、自分の成長や形が出来て行く楽しみがあります。

そして、作れる様になったら『衣食住』の『衣』を自分で全てコントロール出来るので流行りの服や個性的な服だっていつでも自分で作る事が出来ます。

それってとっても凄い事じゃありませんか?

私は普段ほとんど出かけないのですが、お出掛けする日が決まったらすぐにその日着て行く洋服の製作に取り掛かります。

映画を見に行くなら、その作品のイメージや時代に合ったワンピースなんかを作ってみたり、一緒に出掛ける友達の服装と雰囲気を合わせられるのも楽しいです^^

それに姉が結婚した時にドレスを作って上げれたのも服作りを学んで、実践し続けたおかげだと思います。

学ぶ上で大変な事なんて1つもないなんて言いません。きっとどこかで「難しい」と感じることでしょう。

そんな時、あなたの相談相手になれたら幸いです。

服作りを「やる」か、「やらない」かを決めるのはあなたです。

しかし、自分が挑戦してみたい事、やりたいと思っていた事に対して「やらない」という選択をする事はおかしなことだと思うのです。

やらないという選択肢に何かプラスになる事ってありますか?

私は無いと思います。

何事もやってみなければと分かりません。
やって失敗したなら、自分が納得いくまでやり通せばいつか必ず成功します。

一方、「やらない」と決めた時点でその物事に対する「選択肢」は広がらないばかりか、いつか『あの時やっておけば良かったなぁ』と後悔する可能性のほうが高いです。

少し大げさな話に聞こえるかもしれませんが、過去を振り返るとあなたにも1つや2つ心当たりがあるのではないでしょうか?

私はあります。

当たり前の事ですが…過去を変えることはできません。
どんなにやり直したいと願ってもその瞬間に戻ることは出来ないのです。

私たちが【行動する】という意味で選択し、変えて行けるのは【現在と未来】だけ。

現在の行動が変われば、未来も大きく変えることが出来ます。
なりたい自分になる行動を今取れば、未来もその様に向かって行きます。

過去の経験を《今、そして未来の自分》に活かせるのであれば、それは失敗ではなく成長へのステップだったんだと「捉え方」を変える事が出来ます。
しかし、「やらない選択」をしてしまうと、「捉え方」も変えられなければ、その出来事に関してただ後悔しか残りません。

この様に、過去は「捉え方」を変えることは出来ても、起きてしまった出来事は変えられないのです。

なので、物事を前向きにとらえていく為にも「やる」という選択肢を常に優先して頂ければと思います。

なぜこんな話をしたかというと、あなたには「やらない後悔」をしてほしくないからです。

プロフィール

高良海

高良 海
(たから・かい)
1991/01/29
沖縄県出身

高校卒業後に服飾の専門学校でデザインと服作りを学ぶも1年もせずに退学。
その後、個人でコスプレ衣装製作を開始。

2017

ブログ・YouTubeをSTART

「服作りは楽しく、誰にでも出来る」をコンセプトにブログ・YouTubeで服作りについての独自の考えを発信。地元で衣装製作講座を開催。

2018

スクール開校

個人コンサルに形を変えて指導を続ける。MCAの前身CCMSの開校。

2019

MCAとしてリニューアル。

全くの0ベース初心者が2カ月もしない内にトートバックをデザインし販売に成功。

【主な活動・実績】
・100着以上の衣装を製作

・寝ころんdeアートでアートとベビー衣装製作

・ヴィレッジヴァンガードにてオリジナル衣装販売

・YouTubeチャンネルチャンネル登録者数 1,250人突破、視聴回数 337,990回以上

・個人ブログが Google , Yahoo 検索で『洋服 作りたい』『服作り 独学』などキーワード検索結果一位表示多数

・ブログ・YouTubeにて服作りについての考えを発信