キラキラプリキュアアラモードのパティシエ衣装の製作【ワンピース・エプロン編】

どうもkaiです!

今日は依頼品の製作予定でしたがパティシエ衣装が完成しそうなので今日もそのまま製作していきます!

実は少し進めてしまってエプロンの裾フリルを付けてしまいましたw

カフス部分から解説出来るように写真は撮ってありますのでご安心を。

少し変更になった箇所などもあるので(簡単にするために)そこも解説致します。

カフス部分と袖付け

カフスを縫う前に袖にライン付け

カフスに芯張り、見返しを縫い付ける所まで前回やりました。

今日はカフスにレザーでひまりちゃんのカラーであるイエローのラインを入れて行きます。

◆レザー用のアタッチメントで縫うラインの動画◆

ラインを縫い付ける

こんな感じでズレる事なく縫う事が出来ます。

だいたい2mmぐらいの位置を縫うといいです。

アタッチメントを使わずに縫いたい方は型紙を写す時に使うハトロン紙を

レザーの上に添えて一緒に縫っていくと滑り良く縫う事が出来て、縫い終わったらそのままちぎってしまいましょう!

4本全部縫ったカフス

ラインの幅は2.5㎝・ラインとラインの間隔は3.5㎝です。

◆カフス・袖◆

すっかり夢中になってしまい袖を見頃に縫い付けた後に解説動画を撮り忘れたことに気が付きました;

カフスはまず円になるように縦を縫い代1㎝で縫います。

その後半分に折り曲げて袖口を合わせて縫って行きます。

この時そのまま折り曲げた2枚を縫い付けるのもOKですし、表に出る1枚を縫い付けて

内側の部分を改めて縫う方法もあります。

後者の方法が裏返して衣装を見た時綺麗ですが、初めて作る方には少し面倒だと思うのでそのまま縫って

最後にまとめて端処理をすると楽です!

◆袖を縫い付ける◆

袖とワンピース(以下見頃)を縫い合わせる時、袖の縫い目(袖底と言います。)と見頃の縫い目部分を合わせてピン止めしていきます。

ここで裁断の時に入れた切込み(印orノッチと言います。)が役に立ちます。

袖のパーツ

型紙のピンのような印のある所は全部少し切込みを入れて下さい。と裁断の解説のブログに書いてあります。

この型紙でいう袖の上の印と見頃の肩の縫い目を合わせてピン止めし、そのピン止めした間を綺麗に合わせて行きましょう。

※印をつけてピン止めして合わせた部分は絶対に合わせないといけない部分です。縫いにくいからと言ってずらしたりしてはいけません。

(カフス・袖付けは改めて解説動画を撮ります。文章では伝わりませんね;)

↓袖を付けてしまった写真↓

袖を縫いつけてしまう・・・

 

エプロン部分のパーツ裁断

袖付けが終わったらワンピース部分はファスナー付けで終わりなのでエプロンのパーツを裁断していきます。

エプロンの裾・肩の部分のフリルは私の方法だと初めて製作する方には難しいので直線に裁断した布でフリルを作るので型紙不要になりました。

なのでカットするのは・・・

  • エプロンのトップス部分:白のアーバンツイルで2枚
  • エプロンのスカート部分:白のアーバンツイルで2枚
  • 襟白のアーバンツイルで4枚
  • エプロンのベルト部分・後ろのリボン:濃いピンクのドレスサテンで1枚づつ

※エプロンのトップスは少し幅が大きかったので3㎝ぐらい型紙を小さくしてあります。トップスに関してはご自分の好きな幅に調整してOKです。

裁断が終わったら一度トルソーに止めてバランスを見てみます。(トルソーのない方はワンピースを実際着て身体に合わせて見て下さい)

だいたいで構いません。

この段階で出来上がりがイメージ出来ます。エプロンが長いと感じたら短くしてもいいですし、

襟の幅なんかもバランスをみて自分の好きな形にしていきましょう!

今回はエプロンのトップス部分のみ少し幅を小さくしました。

パーツを付けてみる

全てのパーツをピンで止めてバランスを見ます。

お花のモチーフは仮に作ったものなので綺麗に作る時に作り方の動画で解説しますね(*’ω’*)

後ろのリボンももっと大きくしたい方は型紙を大きくしたり、ほんとに自分の好きなバランスで裁断されてください。

私はとりあえずこんな感じでいいかな~と思ったのでこのまま製作していきます!

 

エプロンのフリル部分・ギャザー

エプロンの裾のフリルは直線で作ることにしたので型紙不要です!

裾の部分のみ実験としてやってみたので写真で少し解説し、肩のフリルは動画にします^^

まず裾のフリルは150㎝・幅が6㎝でカットします。(1㎝縫い代の為出来上がりは大体5㎝)

そして『三巻縫い』という縫い方でこの様にした状態で何もしていない縫い代部分にギャザーを寄せて行きます。

三巻縫いをしてギャザーを寄せる

三巻縫いは専用のアタッチメントがありますが、少し難しいと感じると思います。

なので『持って居ない』・『簡単な方がいい』という方は1㎝の縫い代を5㎜で折り曲げて表から縫って下さい。

三巻専用のアタッチメントで製作してみたい方は動画を見てみて下さい!

Amazonで販売されていたので画像から購入ページに行けるようにしておきました☆

この三巻縫い右利きの人は結構手こずるそうなのでこのアタッチメントを使う時だけ『左利きで良かった~』と思います。

理由は動画を見て頂ければ分かると思います^^

◆三巻縫いのアタッチメントの紹介と縫い方◆

私は今後、自作衣装でコスプレをするならアタッチメントは揃えていた方が断然いいと思います。慣れれば時短になりますし、何より仕上がりがこちらの方が綺麗です。

それは写真を見て頂ければ分かると思います。一度で綺麗に端処理をしてくれて、幅が細いのでフリルなどを綺麗に作るには必須だと思ってます。

三巻縫いの縫い目(裏と表)

このフリルの生地の用意が出来たらエプロンのスカート部分の裾の長さを図り、その長さになるように綺麗にギャザーを寄せていくだけです。

綺麗なギャザーの寄せ方はこちらの動画を参考にしてみて下さい。

 

フリルを裾の長さと同じになるようにギャザーを寄せたらピンで止めてフリルを挟み込んで縫って行きます。

内側に表地が来るように挟みます。

縫い代1㎝で縫います。

フリルなので結構ピン止めしています。

※縫う時は綺麗に真っ直ぐ縫うようにフリルが歪んでピン止めされていないか確認しましょう。

ここが縫い終わったら次は横を縫って行きます。

横を縫う時は先ほど縫ったフリルの端を一緒に縫わない様に気を付けましょう。

エプロンのスカート部分の横

 

上の写真のピン止め部分拡大

フリルを縫わない様に

やじるしの通りフリルを包んで横を縫う時に一緒に縫わない様にします。

裏返してアイロンすると・・・

こんな感じでフリルが出来ます!

もっとギャザーを寄せたい方は150㎝の長さより長くカットしてギャザーを寄せていけばいいです^^

フリルを真っ直ぐに変更したのはこのギャザー分量をあなたのお好みにして製作したかったというのも理由の1つです♪

もっとフリフリがいい方は沢山ギャザーを入れるといいと思います。

次回までに済ましておくこと

今回はかなり長くなってしまったので続きは明日のブログに載せたいと思います。

なので明日までにやって置いたら製作が同じ様に進む所を記載して終わりです!

  1. 襟部分に芯を張る(芯張りは中手ぐらいの厚さの芯で)
  2. エプロンのパーツを全部裁断
  3. 裾のフリルの幅や長さ決めて裁断

以上の3点を終わらせておくと次回進みがいいと思います^^

次回はカフスの付け方・袖の付け方・三巻縫いと動画が多いので心して更新をお待ちください!

 
kaiのinstagram

 
はじめにプロフィール
高良海メールマガジン
     

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

Profile



 
高良 海
 
1991/01/29 沖縄県出身
高校卒業後に服飾の専門学校でデザインと服の作り方を学ぶ。1年間のみなのでほぼ独学
 
【活動】
・100着以上の衣装を製作

・寝転んdeアートでアート製作

・ヴィレッジヴァンガードにてオリジナル衣装販売

・YouTubeチャンネル視聴回数 215,400 回以上

・服作りオンラインスクール運営中
 
 
【初めて私のブログに訪れた方へ】
⇒詳しいプロフィール
 
【製作依頼も募集してます】
⇒製作依頼はこちらから

>>> kaiの他メディアもチェック <<<
 

衣装製作依頼はこちらから

初心者向けの記事

  1. ユニークポーチ今回は縫わずにメール型(封筒型)のポーチを作って行きます。イメージ的にはこ…
  2. 自分で衣装や洋服のデザインをするどうもkaiです!今回は洋服や衣装のデザインについて書い…
  3. ハロウィン前は依頼が多い!dハロ影響??どうもkaiです。この頃ハロウィンに向けての衣装…
  4. どうもkaiです!今回はまたまた裁縫上手で『縫わずに作る』小物の製作をしていこうと思います!…
  5. 洋服を自分で作れる様になりたい人に・・・どうもkaiです。今回は…

初めて私のブログに訪れた方へ

高良 海 メールマガジン

 

 

アーカイブ

Official YouTube

 

PAGE TOP